夫婦型の生命保険をすすめられたんですが、これってお得なの?

じつは最近、結婚をしたんですが・・・。

会社の大先輩に「家族ができたから、これからは仕事だけじゃダメだぞ」って言われて、
「夫婦型」の保険をすすめられたんです。

わたしは「夫婦型保険」というのを聞いたことなかったんですけど、どんなものですか?

夫婦型保険のメリットとデメリットをお教えいただけると嬉しいです。

あと、根本的な質問かもしれませんが、結婚したら保険には入ったほうがいいですか?
ちなみに現在は保険には入っていません。

スポンサード・リンク

夫婦型・本人型・家族型とさまざまな保険のタイプ

普通の保険って「本人型」ですか?
他にも「夫婦型」「家族型」っていうのもあるみたいですね
普通の保険と言えばわざわざ表記しませんが、被保険者が1人の「本人型」になります。

「夫婦型」は被保険者が夫または妻、そしてその配偶者の2人です。主な被保険者を「主被保険者」、その配偶者を「従被保険者」といいます。

「家族型」はご自身と配偶者、さらにお子さまが被保険者となります。

ただしお子さまは保険会社により決められた年齢に達すると自動的に被保険者から外れることになります。

家族と言っても親、兄弟などは含まれません。

一昔前は「夫婦型」「家族型」の保険を見かけましたが、今ではほとんど見なくなりました。

夫婦型保険のメリットはとにかく安いこと

なんかチョット調べてみたところ夫婦型の医療保険だと保険料が安くなるみたいですね!
そうですね!「夫婦型」「家族型」のメリットは保険料が安くなるというところです。

「本人型」を夫婦で別々に加入する場合と比較して、20%~30%安くなる感じでしょうか。


その他のメリットとして・・・

特にない気がします。

あえて挙げるならば、保険証券が1つで済み、管理が楽なことでしょうか。

FPのチカラ

デメリットはやっぱり離婚?

「夫婦型」保険のデメリットは離婚ですか?
いまは三組に一組が離婚していますからね・・・。
デメリットはけっこうありますね。
  • 離婚や死別
  • 見直しが難しいこと
  • 保障額が選択できない
  • ご夫婦で保険料控除が使えない

夫婦型保険の「離婚」デメリット

まず離婚ですが、「本人型」をそれぞれ個別に加入している場合は、名義変更と支払い名義人の変更をして、保険を継続することが可能です。

保険料や保障内容が変わることはありません。

「夫婦型」の場合は保険を別けることができませんので、主被保険者の保険だけが残ります。

従被保険者の方は、保険がなくなってしまうことになりますね。

新たに加入する場合は、今までの保険に加入した時より年を取っている可能性が高いので、当然保険料が上がります。

また健康上問題があり、保険に加入できない場合も考えられます。

これは非常に大きなデメリットになります。

夫婦型保険の「死別」デメリット

また死別の場合も同じようなことが起こります。

従被保険者が死亡した場合は、夫婦型から本人型に変更すれば済むことですが、主被保険者が死亡してしまった場合は、保険そのものが消滅する場合もあります。


数十年前に販売されていたアフラックのがん保険は、ほとんどの方が家族型で加入されていました。

アフラックのがん保険では主被保険者が亡くなっても、従被保険者が保険を引き継ぐことで保障を維持することが可能です。

ただし保険料は下がることがありません。

1人の保障なのに、家族型の保険料を払い続けることになります。
これはチョット切ないですね・・。
亡くなったご主人の保険を払い続けるって言うのは美談ではありますが・・・。

今ではご夫婦で奥様が年上というケースも珍しくありませんが、アフラックの家族型がん保険に加入されている方の大半は、今現在60歳以上の方で、ご主人が年上の場合が多いです。

ここからはあくまでも計算上のお話ですが、奥様よりご主人が5つ年上の場合、ご主人が平均寿命の80歳で亡くなってしまった時、奥様の年齢は―5歳の75歳です。

奥様は75歳から平均寿命の87歳まで12年間、自分1人の保障であるにも関わらず、夫婦型の保険料を支払うことになります。

実際に多く発生している事例です。

ちなみに、従被保険者が死亡の場合は、家族型から本人型へ変更しますので、それに伴い保険料も下がります。

なんかチョット不公平感がありますね・・・。

夫婦型保険の「見直し」デメリット

夫婦型保険には、保険内容の見直しの難しさもあります。

たとえば、ご主人=主被保険者、奥様=従被保険者で夫婦型の保険に加入し、もし奥様が何かの病気を患ってしまった場合は保険の見直しが難しくなります。

というのも奥様は病気を患っているため、保険の切り替えができません。今の保険を継続するのが最善の方法です。

ご主人は健康で、保険を切り替えたいと思っても、ご主人が保険を解約してしまうと奥様の保障もなくなります。

この夫婦型の保険はもう動かせないものになってしまうのです。

これが10年更新型の保険だとすると・・・

お得だと思って加入した保険が、お得感ゼロどころか家計を圧迫する保険になってしまいますね。

夫婦型保険の「保障額を選べない」デメリット

次に保障額が選べないということですが、夫婦型、家族型の保険の場合、従被保険者の保障額は主被保険者の保障額の6割というケースがほとんどです。

ご主人が入院10,000円の保障でも奥様は6,000円ということですね。

家計を支えているのがご主人で、6割保障でも問題がないご家庭の場合は良いですが、奥様の方が収入が多いなど、同額かそれ以上の保障が必要だということも考えられます。選べないより選べたほうがいいのは言うまでもありません。

なるほど、前時代的ですね・・・。
「夫婦型」を見かけなくなった理由がわかるような気がする。
$B%$%s%:%&%'%V(B $B3X;qJ]81(B

夫婦型保険の「保険料控除」のデメリット

夫婦型、家族型の場合は保険料の支払いはご主人、奥様どちらでも構いませんが、2人で分けて支払うことはできません。

従って保険料控除を受けられるのはどちらか一方です。

夫婦共働きでそれぞれ保険料控除を受けたい場合には、個別で加入する必要があります。

夫婦

本人型✕二人分に見なおしたほうがいいかも?

10年更新などの更新型に関しては、すぐに見直しをしたほうが良いでしょう。

更新型の場合は、夫婦型や家族型ではなく本人型でも見直しをオススメしますが・・・

ただ、夫婦型、家族型=即見直しではありません。

保障内容、保険料によっては見直さないほうが良いケースもあります。

例えば、数十年前に加入し、保険料が安いまま上がらないもの。
これは「夫婦型」であってもそのままにしておき、新しく「本人型」で保障を追加するなどの対応をしたほうが良いかもしれません。

具体的には「死別デメリット」で触れたアフラックのがん保険などがこれに当たります。

30年前くらいに20代~30代で夫婦型で加入したがん保険は保障内容はそれほど充実していませんが、保険料が2,000円前後と安いことがあります。

この場合は解約してしまうよりも、不足している保障は新たに加入し補ったほうが賢明です。

う~ん!
やっぱりFPに見直してもらうのがいいんですかね。

結婚したら保険に入るべき?

やっぱり結婚を機に保険に加入する人が多いんですか?
結婚や出産を機に保険に加入する方は多いですよ。
やはり自分1人だけの問題ではないと感じるのではないでしょうか。

死亡保険の場合は、残された家族のことを考え、結婚をきっかけとしても良いでしょうが、医療保険の場合はあまり関係ないですね。

病気やケガで長期入院して、収入が減ってしまった場合など、ご夫婦であれば元気な配偶者にその分頑張ってもらうこともできますが、お独りだと看病もできない、収入のカバーもできないなど、むしろ大変かもしれません。

まぁ、そんなきっかけでもないと、なかなか保険にはいろうと思いませんよね。
スポンサーリンク
ランキング1位
みんなの保険アドバイザー

 
保険相談サイト立ち上げから10年の老舗サービス。
蓄積されたノウハウと実績は業界トップクラス。
登録FPも多く、担当FPが決まるまでの時間が短いのが特徴。
一部地域(現在は関東地区、関西地区)ではFPを指名することも可能です。

いつから運営されているサイトか?

2005年

面談日時は指定できるか?

申込み完了後、運営サイトからのヒヤリングで第3希望まで指定できます。

全国に対応しているか?

全国の保険相談に対応しています。

しつこく営業されたりしないか?

無理な勧誘など会った場合、電話一本で無料面談の中止や 担当者の変更などを行うことができる「ストップコール」が導入されています。

生命保険 相談

ランキング2位
保険の選択

大手の保険無料相談サイトと比較すると、規模も小さく、登録FPも少ないです。
ですが、細かい希望を伝えることができ、基本的に全て対応可能となっています。

例えば、アクサ生命の取扱いがあるFP、女性FPなら自宅面談可能、〇月〇日午後に新宿駅付近で面談可能なFPなどなど。

最大のメリットは、面談日時と場所を直接FPと相談して決定すること。
これ、実はかなり大きなポイントだと思います。

時間と場所を自由に設定できるのはもちろんですが、電話で話しができることで、面談前に色々と伝えることもできるのです。

例えば、女性特約、三大疾病の一時金がある医療保険を65歳くらいで払い終えるプランで、保険料は月7,000円以下で検討している。
死亡保障は〇〇生命で数年前に加入したものがある、これより良いものがあれば変更したいし、なければそのままにしたい。
など、事前に伝えることができれば、FPもある程度の準備ができますよね。

それだけ初回の面談で充実した内容の相談をすることが可能ですし、時間の節約にもなりますね。

いつから運営されているサイトか?

2010年

面談日時は指定できるか?

担当FPと直接、日程の調整をします。

全国に対応しているか?

全国の保険相談に対応しています。

しつこく営業されたりしないか?

「お客様満足度ランキング制」を導入。お客様の声により、評判の悪いFPは強制退会させられます。

保険の選択

ランキング3位
保険見直し本舗

来店型ショップとして有名な「保険見直し本舗」
実は訪問保険見直し相談もやっているんです!

亀梨和也さんのCMでもおなじみの保険見直し本舗は契約実績100万円以上。
最大のポイントは取扱い保険会社40社以上と他を圧倒する数。
保険の加入目的をしっかり伝えればあなたにぴったりの保険がみつかること間違いなし!

予約は簡単か?

フリーダイヤルまたは無料相談予約フォームから簡単に予約できます。

全国に対応しているか?

全都道府県に対応しています。

子どもを連れていっても大丈夫?

キッズスペースのある店舗が多数あります。
来店が難しい場合はご自宅での面談も可能です。

しつこく営業されたりしないか?

保険見直し本舗は全て直営店による展開。
スタッフの教育はしっかり行われており、もちろんしつこい勧誘などありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする