脂質異常症でも入れる保険の種類と条件

会社の健康診断で最初に異常値が出て、
ハラハラさせられるのは脂質異常ですよね!
中性脂肪の値が高かったりですね。
20代のうちは、なんともなくても
30を過ぎると、とたんに数値が悪くなったりしますね。
あんまり体調として変化を感じないから
切迫感はないけど、健康診断は気になりますね。
脂質異常症の方は、
年齢・薬服用の有無・数値
これらの条件をクリアすれば保険に入れます。
詳しくみていきましょう。

高コレステロール血症とは

脂質異常症(高脂血症)とは、血液中のLDLコレステロールやトリグリセライド(中性脂肪)が多すぎたり、HDLコレステロールが少なくなる病気です。脂質異常症(高脂血症)をほうっておくと、血管の動脈硬化が少しずつ進んでいき、やがて心筋梗塞や脳卒中などの深刻な病気が引き起こされることになります。

加入目安はあくまでも参考情報です。
保険会社、保険商品、その他の疾病など状況により判断は異なります。
<用語解説>

削減
契約日から所定の期間中、保険金額を所定の割合で減額して払うこと。
特P
通常の保険料に加え、特別保険料が加算されること。
部位不担保
特定の部位について、保障が適用されないこと。
特障
特障特障視力または聴力において、高度障害状態が保障されないこと。
現症
現在診療完了していない状態。経過観察中も含まれる。
既往症
現在完治しているが、過去にかかったことのある病気。
FPのチカラ

「高コレステロール血症」「高脂血症」「脂質異常症」「高中性脂肪症」保険加入の目安

現症①(30歳未満で治療開始または脂質異常に関する薬剤を3種類以上服用)

がん保険 医療保険 死亡保険
× 特P~×

現症(45歳未満で現症①以外の場合)

条件 がん保険 医療保険 死亡保険
中性脂肪250mg/dl未満
かつ
LDLコレステロール180mg/dl未満
 〇
中性脂肪250mg/dl以上
または
LDLコレステロール180mg/dl以上

※数値次第で〇または×

現症(45歳以上で現症①以外の場合)

条件 がん保険 医療保険 死亡保険
中性脂肪300mg/dl未満
かつ
LDLコレステロール200mg/dl未満
中性脂肪300mg/dl以上
または
LDLコレステロール200mg/dl以上

※数値次第で〇または×

健康診断でよく指摘されるイメージだなぁ。数値がポイントなんですね。
スポンサーリンク

ランキング1位
みんなの保険アドバイザー

保険相談サイト立ち上げから10年の老舗サービス。
蓄積されたノウハウと実績は業界トップクラス。

登録FPも多く、担当FPが決まるまでの時間が短いのが特徴。

一部地域(現在は関東地区、関西地区)ではFPを指名することも可能です。
みんなの生命保険アドバイザー評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

無理な勧誘など会った場合、電話一本で無料面談の中止や 担当者の変更などを行うことができる「ストップコール」が導入されています。

みんなの生命保険アドバイザー

ランキング2位
保険の選択

最大のメリットは、面談日時と場所を直接FPと相談して決定すること。

時間と場所を自由に設定できるのはもちろんですが、電話で話しができることで、面談前に色々と伝えることもできるのです。

例えば、
死亡保障は〇〇生命で数年前に加入したものがある、これより良いものがあれば変更したいし、なければそのままにしたい。
など、事前に伝えることができれば、初回の面談で充実した内容の相談をすることが可能ですし、時間の節約にもなりますね。
保険の選択 評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

「お客様満足度ランキング制」を導入。お客様の声により、評判の悪いFPは強制退会させられます。

保険の選択

ランキング3位
FPのチカラ

多くの無料保険相談サイトが、相談するFPを選ぶことができないのに対して、FPのチカラだけは写真・プロフィール・保有資格・相談件数・口コミなどを閲覧し、自分自身でFPを選ぶことができます。
FPのチカラ 評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

登録するFPには、しつこい営業行為が行われないようにしています。
また、万が一そのような行為があった場合、カスタマーサービスに連絡すれば運営サイトからFPに注意が入ります。

FPのチカラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする