医療保険は必要なの?FPが加入のポイントを解説。

タケ
「医療保険」って本当に必要なんですかね?
日本には「公的医療保険制度」があるじゃないですか。
じつは最近、「医療保険なんていりません!(著者:荻原 博子)」という本を読んだんです。
タケ
この本は「長く入院する人なんか滅多にいないから、保険料をやめて、そのぶん貯蓄して備えなさい」という主旨なんです。
まあ、そうかな?とも思うんですけど、
「医療保険に入らない不安」という気持ちも分かるんです。
ホケン先輩
なるほど、そもそも医療保険とは?と言うことを解説します。
医療保険というのは、「公的医療保険」と「民間医療保険」の二つがありますね。

公的医療保険
健康保険
国民健康保険
ほか
民間医療保険
終身医療保険
定期医療保険
引受基準緩和型医療保険

「公的医療保険」でまかないきれない部分の保障を「民間の医療保険」でカバーするのが目的です。
具体的には、入院で一日あたり給付される「入院給付金」と、手術をうけるときに給付される「手術給付金」ですね。

他に、主契約につけることで心配な部分を手厚くする「特約」でカスタマイズすることも可能です。

スポンサード・リンク

医療保険は損をする?

保険に払うお金があれば貯蓄しなさい!
「誰でも入れる」も「ボーナス付き」も
「三大疾病特約」も「女性の味方」も損をする!?

これは「医療保険なんていりません!(著者:荻原 博子)」の帯に書いてある内容です。

たしかに「誰でも入れる」も「ボーナス付き」も「三大疾病特約」も「女性の味方」も損をします。
さらに言えば、医療保険やがん保険は基本的に損します。

ただし「病気やケガをしなければ」の話ですが。

当然ですよね。保険会社が損しないようにアクチュアリーという数理のプロが保険料を算出しています。
そこから保険代理店への手数料、保険会社の運営費まで払うのですから、かなりの利益がでています。

自分だけは病気にかからない自信があるのならば、解約をしたほうが得でしょう。

では、どうして多く人が医療保険に加入するのでしょうか?
「万が一の病気のリスク」に備えたいからですよね。

保険の基本精神「相互扶助」

そもそも医療保険は損得で考えるものではないと思います。

保険の基本は相互扶助(そうごふじょ)の精神です。

たとえば100人の村があり、村として毎年100万円を、国に納めなければならないとしましょう。

その100万円を支払う人を、毎年くじ引きで決めるルールで、
はずれくじを引いた人が100万円を納めるとしたら・・・。

これってすごく怖くないですか?

100分の1なので、99%の人は100万円納めなくてもいいはずですが、
もしはずれくじを引いてしまうことを考えてしまうと不安ですよね。

そこで、100人全員から1万円ずつ集めて、100万円を国に納める。

この仕組みのほうが安心できるのではないでしょうか。

タケ
たしかに、いつ100万円払うのかビクビクするくらいなら、
毎年1万円支払って安心したい!
決してロックな生き方ではないですが。(笑)

医療保険も同じです。大きなケガや病気をして、多額の保険金を受け取ることはほとんどありません。
なかには1度も医療保険を使わずに、生涯を終える人もいるでしょう。

ですが、病気やケガはいつやってくるか、どのくらいの治療費がかかるのか予測ができません。
1つの病気で100万円の自己負担となることだって考えられます。

その時、貯蓄から支払えるようであれば医療保険は必要ありません。
しかし多くの方は海外旅行のための貯蓄だったり、住宅購入のための貯蓄であって、必ずしも病気やケガの治療費としての貯蓄ではありません。

その貯蓄を使うということは、海外旅行や住宅購入などが遠のくことになりますね。
そのようなことにならないように、毎月無理のない範囲で医療保険に加入するのです。

タケ
確かに・・・。
病気やケガだったら、たとえ住宅購入のための貯蓄でも使うしかないですね。
悲しいけど。
FPのチカラ

貯蓄は医療保険の代わりになるか

タケ
でも萩原さんのいうように、医療保険を払ったつもりで貯蓄すればいいのでは?
病気にならなければ、そのお金でパーッと遊んじゃえばいいし!
ホケン先輩
必ずしも貯蓄が医療保険の代わりにはならないんですよ。

たとえば35歳の女性が月5,000円の医療保険をやめて、今月からその分を毎月貯蓄したとしましょう。

1年間で6万円、10年間で60万円、20年間では120万円の貯蓄ができることになりますね。

タケ
それだけあれば大きなケガや病気でも十分対応できそうだ!

でも不幸なことに、医療保険をやめて3ヶ月後にくも膜下出血で緊急入院、緊急手術。

約3ヶ月の入院の後、その後はリハビリが続きます。

もちろんパートは辞めることにもなりましたが、その後もすぐに働くというわけにはいかないでしょう。

病気やケガの場合に備えて始めた貯蓄ですが、5,000円×3ヶ月の15,000円しか貯まっていません。

もし医療保険があったなら・・・。

タケ
ムムム・・・。
医療保険はすぐに使えるけど、貯蓄はある程度の期間が経過しないと使えないということですね。
ホケン先輩
そうです。その間、何もなく貯めることができればの話です。

それともう1つ。

病気にならなかったら貯蓄は使ってしまえばいい!とタケさん言っていましたが、それは何歳くらいのことでしょうか?

タケ
そうだな~。
60歳くらいになったら・・・。
いや、がんのリスクは高くなるか。70歳かな?
いや、80歳・・・。
ホケン先輩
病気にならない年齢なんてないんです。
むしろ年をとればそれだけリスクは高くなりますね。

タケ
パーッとお葬式に使うくらいですね(泣

公的医療保険があるから大丈夫!?

日本には素晴らしい公的医療保険があります。

治療費が3割で済んだり、高額療養費制度によって1ヶ月の医療費が高額になっても自己負担を極力抑える仕組みもあります。

(たとえば100万円の治療費がかかっても自己負担は9万円程度)

でもこれは治療費のお話しです。

入院の差額ベッド代、食事代などは対象になりません。

また大きな病気やケガをする病院へ払うお金の心配だけではなく、収入減も大きな不安要素です。

前述の例のように、パートをしていた方が辞めなくてはいけなかったり、家族が長期入院することで外食が増えたり、何かと出費も多くなります。

公的医療保険制度があれば心配ない!とは言い切れないのです。

タケ
我が家は妻がいっぱい稼ぎますからね!治療費よりも妻が仕事できなくなったらと考えると恐ろしいです。

まとめ

否定的な意見が多くなりましたが、萩原さんの著書を批判しているのではありません。

タイトルだけをみて、医療保険を解約するのは危険ですが、しっかり本文を読めばとても参考になります。

公的医療保険制度を理解し、医療保険のポイントを抑えた上で上手に加入するのが良いですね。

最後に!乱暴にまとめると・・・。

貯蓄は十分にあって医療費としても使える人 ⇒ 医療保険は不要

上記以外の人 ⇒ 医療保険は必要

スポンサーリンク
ランキング1位
みんなの保険アドバイザー

保険相談サイト立ち上げから10年の老舗サービス。
蓄積されたノウハウと実績は業界トップクラス。

登録FPも多く、担当FPが決まるまでの時間が短いのが特徴。

一部地域(現在は関東地区、関西地区)ではFPを指名することも可能です。
みんなの生命保険アドバイザー評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

無理な勧誘など会った場合、電話一本で無料面談の中止や 担当者の変更などを行うことができる「ストップコール」が導入されています。

みんなの生命保険アドバイザー

ランキング2位
保険の選択

最大のメリットは、面談日時と場所を直接FPと相談して決定すること。

時間と場所を自由に設定できるのはもちろんですが、電話で話しができることで、面談前に色々と伝えることもできるのです。

例えば、
死亡保障は〇〇生命で数年前に加入したものがある、これより良いものがあれば変更したいし、なければそのままにしたい。
など、事前に伝えることができれば、初回の面談で充実した内容の相談をすることが可能ですし、時間の節約にもなりますね。
保険の選択 評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

「お客様満足度ランキング制」を導入。お客様の声により、評判の悪いFPは強制退会させられます。

保険の選択

ランキング3位
FPのチカラ

多くの無料保険相談サイトが、相談するFPを選ぶことができないのに対して、FPのチカラだけは写真・プロフィール・保有資格・相談件数・口コミなどを閲覧し、自分自身でFPを選ぶことができます。
FPのチカラ 評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

登録するFPには、しつこい営業行為が行われないようにしています。
また、万が一そのような行為があった場合、カスタマーサービスに連絡すれば運営サイトからFPに注意が入ります。

FPのチカラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする