日本のがん罹患数・率の最新全国推計値が公表されました!

国立がん研究センターより、2012年に新たにがんと診断された患者さんが約86万5千人と公表されました。

タケ
2人に1人ががんになると言われていますよね。

ホケン先輩
そうですね。ご夫婦でしたらどちらかが。という計算になりますね。

タケ
そう聞くと、グッと身近な病気だって感じがしますね・・。

部位別にみると男性は胃がんが一番多く、次いで大腸がん。

女性は乳がんが一番で、次は大腸がんとなっています。

スポンサード・リンク

有名人はがん保険に加入していない?

タケ
男性の胃がんと言えば、宮迫博之さん、王貞治さん、市村正親さんが罹患されていましたね。
ホケン先輩
女性の乳がんでは、小林麻央さん、北斗晶さんは記憶に新しいですよね。
タケ
著名な方々はがん保険とか入っているんですかね?
宮迫さんはCMでがん保険には加入していないと言っていましたけど・・・。

芸能人やスポーツ選手など、所得の多い方々はがん保険や医療保険にはそれほど入っていないのかもしれませんね。

がん保険に入るとがんになりにくくなるものではなく、お金の面での不安が少なくなるというものですから、治療費が高額でもそれほど困らない方たちはがん保険や医療保険の必要性は低いと言えそうです。

お金を増やしたり、節税になる死亡保険は積極的に活用していると思いますが。

FPのチカラ

がん死亡率が最も高い県は・・・

国立がん研究センターの調査による2014年の都道府県別のがん死亡率(人口10万人あたりでがんによる死亡者数)が高かった順位は・・・

1位・・・青森県

2位・・・北海道

3位・・・鳥取県

でした。

8位に大阪府

21位に東京都

もっとも死亡率の少ない県は、長野県です。

ちなみに青森県は2004年から11年連続でのワーストとなりました。

一方、長野県は1995年から19年連続で最もがん死亡率が低かった県です。

がんを防ぐか?備えるか?

タケ
このランキングには何か意味がありそうですね!

厚労省の国民健康・栄養調査というものがありますが、2010年の調査では青森県の喫煙率、飲酒量は1位。

塩分摂取率は僅差の2位。
そして1日の歩数の少なさでも2位となっています。

現在の調査でも青森県は各ランキングでだいたい3位以内に常にいるという状況ですね・・・。

  • 喫煙
  • 飲酒量
  • 塩分摂取率
  • 運動習慣

ストレスを受ける度合いなんかも数値化できると関係してきそうですね・・・。

タケ
やはりがんは生活習慣病なんですね。
自分でもある程度罹患率を減らすことができそうだ!
スポンサーリンク
ランキング1位
みんなの保険アドバイザー

保険相談サイト立ち上げから10年の老舗サービス。
蓄積されたノウハウと実績は業界トップクラス。

登録FPも多く、担当FPが決まるまでの時間が短いのが特徴。

一部地域(現在は関東地区、関西地区)ではFPを指名することも可能です。
みんなの生命保険アドバイザー評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

無理な勧誘など会った場合、電話一本で無料面談の中止や 担当者の変更などを行うことができる「ストップコール」が導入されています。

みんなの生命保険アドバイザー

ランキング2位
保険の選択

最大のメリットは、面談日時と場所を直接FPと相談して決定すること。

時間と場所を自由に設定できるのはもちろんですが、電話で話しができることで、面談前に色々と伝えることもできるのです。

例えば、
死亡保障は〇〇生命で数年前に加入したものがある、これより良いものがあれば変更したいし、なければそのままにしたい。
など、事前に伝えることができれば、初回の面談で充実した内容の相談をすることが可能ですし、時間の節約にもなりますね。
保険の選択 評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

「お客様満足度ランキング制」を導入。お客様の声により、評判の悪いFPは強制退会させられます。

保険の選択

ランキング3位
FPのチカラ

多くの無料保険相談サイトが、相談するFPを選ぶことができないのに対して、FPのチカラだけは写真・プロフィール・保有資格・相談件数・口コミなどを閲覧し、自分自身でFPを選ぶことができます。
FPのチカラ 評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

登録するFPには、しつこい営業行為が行われないようにしています。
また、万が一そのような行為があった場合、カスタマーサービスに連絡すれば運営サイトからFPに注意が入ります。

FPのチカラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする