医療保険、不担保期間中の切り替えは、損か得か?

先日、保険無料相談を利用しました。

更新型の医療保険の切り替えを考えていたのですが、網膜剥離の既往症があり、医療保険は加入できるけど「眼球および眼球付属器」が2年間不担保になる可能性が高いとのことでした。

網膜剥離は5年前に手術をし、4年前に完治しているので、まさか条件が付くとは思わなくて。

手術と入院は5年以上経過しているので問題ないのですが、「5年以内に別表(この中に網膜剥離があります)の病気で一度でも医師の診察、検査、治療、投薬のいずれかをうけたことがありますか」という質問に該当してしまうのです。

最後の診察は4年前です。あと1年待てばこの質問に「いいえ」で答えることができますよね?

今も医療保険はあるし、1年待ってから加入すれば条件なくなるならそのほうがいいかなと思っています。

ですが担当のFPさんは「2年の条件は気にせず、すぐに切り替えるべき。1歳年齢上がると保険料が少し上がる。それを30年以上続けたら大きな差になる。あとは1年待っている間に大きな病気をしたら切り替えできなくなる。」

と言っています。

すごく感じの良いFPさんなんですが、医療保険を販売したいから切り替えを勧めているのでは??とちょっとだけ思ってしまいました。

セカンドオピニオン的で申し訳ないのですが、ホケン先輩はどうお考えになりますか?

既往症の網膜剥離以外は他なにもありません。

33歳独身の女です。

タケ
これは悪いFPですね!

タケ
質問をくれた人は若いんだし、
1年くらい待って「条件なし」で医療保険に加入したほうがいいですよね。
医療保険を切り替えて、1年後とかに網膜剥離が再発したらものすごい後悔するんじゃないですか?

ホケン先輩
確かに保険を切り替えて、不担保期間中に眼に関する手術や入院をしたら、すこし残念な感じがしますね。

ですが、私も質問者さんが担当したFPと同じで、医療保険の切り替えをオススメしますね!


タケ
マジっすか?

スポンサード・リンク

どちらのリスクが大きいかで考える

保険を切り替えた場合と切り替えなかった場合の最悪のケースを考えてみましょう。

保険を切り替えた場合の最悪ケース

保険切り替え後、すぐに網膜剥離が再発、手術と入院が2週間。
これが不担保期間中であったために、手術給付金、入院給付金は全く受け取れない。

保険を切り替えなかった場合の最悪ケース

保険加入見送り数ヶ月後、乳がんに罹患。
乳がんが完治するまで保険の切り替えはできない。

乳がん完治とは手術や抗がん剤治療だけではなく、その後の経過観察も終了した状態のことです。
完治するには一般的ながんで最低5年。乳がんだとそれ以上かかるケースがほとんどです。

たとえ乳がんが5年で完治したとしても5歳分保険料がアップしていますし、その5年の間に何かほかの病気になっていたら、それに条件が付く可能性もあります。

タケ
まぁ最悪のケースでいえば確かに切り替えはしたほうが良いかもしれないけど・・・。

でもこんなタイミングでがんになんかなったりしますかね?
それよりも網膜剥離再発は十分あり得そうだけど。

ホケン先輩
網膜剥離が再発したとしてもデメリットだけとは言えないですよ!
FPのチカラ

部位不担保の延長はない

もし保険の切り替えを見送り、そのすぐあとに網膜剥離が再発したら、今の保険が使えますから良かったと思うかもしれません。

タケ
ですよね!

ホケン先輩
でも医療保険の切り替えはまた先に延びてしまいますよ。

網膜剥離は治療中だと「眼球および眼球付属器」の不担保期間は全期間(一生涯)となります。

それを避けるためには、経過観察も終わる完治まで待たなくてはいけませんが、完治後も3年未満だと不担保期間が5年となります。

ということは網膜剥離が完治してから3年以上経ってやっと今と同じ「眼球および眼球付属器」の不担保期間が2年になります。

タケ
これ、いつまで待っても保険に入れないパターンですね。
ホケン先輩
そうなんですよ!
しかも網膜剥離は手術をすれば必ず完治するというわけではありません。

もし網膜剥離の手術後に飛蚊症の症状がでてきたらどうでしょうか?

飛蚊症は網膜剥離を引き起こす可能性があるので、治療や経過観察が続きます。

その場合は飛蚊症の治療中となり、医療保険の加入においては「眼球および眼球付属器」が全期間不担保となります。

これなら最初から切り替えておけば良かったとなりませんか?

タケ
間違いなく最初から切り替えておけば良かったと思いますね・・・。
保険料も無駄に上がっちゃってるし。
ホケン先輩
ということで、ご質問の答えとしては
今すぐ切り替えて問題ありません!

不担保の2年間で、症状が悪化しても期間が終了すれば不担保はなくなります。不担保期間が2年で済むというのは、かなり前向きに捉えて良いと思いますよ。

タケ
なるほどね!
なにが起こっても2年後には不担保が外れるってことですね!

不担保期間が全期間(一生涯)の場合は要検討

今回は不担保期間が2年だから迷わず切り替えをオススメしましたが、不担保期間が全期間(一生涯)の場合は、慎重に考える必要があるかもしれません。

安全な方法としてはとりあえずすぐに不担保期間全期間(一生涯)で加入し、告知に該当しなくなる1年経過後に同じ保険に加入し直すという方法です。

保険料は少しあがりますが、それで不担保期間が消せれば安いものですね!

スポンサーリンク
ランキング1位
みんなの保険アドバイザー

保険相談サイト立ち上げから10年の老舗サービス。
蓄積されたノウハウと実績は業界トップクラス。

登録FPも多く、担当FPが決まるまでの時間が短いのが特徴。

一部地域(現在は関東地区、関西地区)ではFPを指名することも可能です。
みんなの生命保険アドバイザー評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

無理な勧誘など会った場合、電話一本で無料面談の中止や 担当者の変更などを行うことができる「ストップコール」が導入されています。

みんなの生命保険アドバイザー

ランキング2位
保険の選択

最大のメリットは、面談日時と場所を直接FPと相談して決定すること。

時間と場所を自由に設定できるのはもちろんですが、電話で話しができることで、面談前に色々と伝えることもできるのです。

例えば、
死亡保障は〇〇生命で数年前に加入したものがある、これより良いものがあれば変更したいし、なければそのままにしたい。
など、事前に伝えることができれば、初回の面談で充実した内容の相談をすることが可能ですし、時間の節約にもなりますね。
保険の選択 評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

「お客様満足度ランキング制」を導入。お客様の声により、評判の悪いFPは強制退会させられます。

保険の選択

ランキング3位
FPのチカラ

多くの無料保険相談サイトが、相談するFPを選ぶことができないのに対して、FPのチカラだけは写真・プロフィール・保有資格・相談件数・口コミなどを閲覧し、自分自身でFPを選ぶことができます。
FPのチカラ 評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

登録するFPには、しつこい営業行為が行われないようにしています。
また、万が一そのような行為があった場合、カスタマーサービスに連絡すれば運営サイトからFPに注意が入ります。

FPのチカラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする