がん保険が支払われるタイミングは?シンママの生活はどうなるの?

先日、娘の通う保育園の運動会で、ある保母さんの姿をお見かけして、私は涙が溢れそうになりました。

ちょうど30歳くらいのその保母さんは、乳ガンに罹り、治療に専念されるため、保育園を休職されています。
運動会当日は、園児たちの晴れ姿を見るために、保育園にいらしていました。

  • 私よりも若い保母さんが乳がんになるなんて・・・。
  • 仕事を休んで、生活は大丈夫なのか・・・。
  • ご両親はご健在で近くに住んでいるのか・・・・。

園児と保護者に、気丈に笑顔を振りまく保母さんの姿をみて、気になってしまいました。
恥ずかしながら私はバツイチのシンママ(シングルマザー)でして、私が仕事を休んでしまったら娘との生活は困窮します。
わずかばかりの養育費では、生活していけないことは火を見るよりも明らかです。

もし「がん保険」に入っていれば、がんになったとしても生活していけるのではないかと思い、質問させていただきました。
治療費をまかなったうえで、毎月の生活費(最低でも10万円くらい)受け取ることができる「がん保険」はありますか?

もし、あるとしたら毎月いくら支払うことになりますか?

また、貯金も多くないので、治療が始まると同時に支給される「がん保険」ってあるのでしょうか?

なにも知らなくて申し訳ないのですが、ガンと診断されてからの保険金受け取りの流れを教えていただくと嬉しいです。

よろしくお願いします。

子育て中の親、年56,000人がんを発症
2015年11月5日「朝日新聞」より

スポンサード・リンク

癌になったシンママの生活を助ける保険

シングルマザーのことを最近はシンママっていうんですね。
(新米のママかと間違えそう・・・。)
子育て中の家庭は、稼ぎ手が癌になったら大変ですね、よろしくお願いします。

がん保険の保障では主にこのようなものがあります。

  • 診断給付金
  • 入院給付金
  • 通院給付金
  • 手術給付金
  • 放射線治療給付金
  • 抗がん剤治療給付金
  • 先進医療給付金

これらは主にがんの治療費をカバーするものですね。

そして質問者さまがご心配されている毎月の生活費をカバーするものとして「がん収入保障年金」があります。

がんの治療費をカバーする保険は数多く販売されていますが、がんになった後の収入をカバーする内容の保険は、がん保険のパイオニアであるアフラックが一時期販売しておりました。現在は販売されておりません。

今現在、がんの収入保障として取扱いがあるのはアクサ生命になります。

アクサ生命のがん収入保障保険で、がんになったとき、毎月10万円が5年間受け取れる保険に35歳女性が加入した場合の保険料は4,656円です。

がんの治療期間を考えると5年間毎月10万円を受け取れるというのは、大きな助けになりますね。
ただし問題点もあります。

この「がん収入保障保険」の保険期間が65歳までということです。

一般的に65歳以降はがんになるリスクがますます高まります。

「がん収入保障保険」はそこまでの保障ということになるので、別途がん治療のために、終身保障のがん保険も必要かもしれません。

FPのチカラ

がん保険、診断されてからの流れ

これ、シンママだけでなく、収入に不安のある人にとっては切実な問題ですね。
お金が途中で足りなくなってしまうのではないかと心配ですもん。

がん保険の給付金請求には「保険会社指定の診断書」を提出する必要があります。

保険会社への請求は治療が終わってからでも、治療中でもご契約者の望むタイミングで行うことができます。

ただし診断書の作成にはお金がかかるため、(5,000円~10,000円くらい)できれば請求回数は少なくしたいところです。

がん保険の給付金請求では、治療方針によって請求タイミングは変わってきます。

実際に多くみられる事例を紹介します。

がんの診断確定後、放射線や抗がん剤など通院治療を行う場合

  1. がん診断確定
  2. 給付金請求(診断給付金の受け取り)
  3. 通院治療開始
  4. 通院治療終了
  5. 給付金請求(通院給付金や抗がん剤治療給付金の受け取り)

がんの診断確定後、手術、入院後(短期入金)、通院治療を行う場合

  1. がん診断確定
  2. 手術、入院
  3. 退院
  4. 給付金請求(診断給付金・手術給付金・入院給付金の受け取り)
  5. 通院治療開始
  6. 通院治療終了
  7. 給付金請求(通院給付金や抗がん剤治療給付金の受け取り)

がんの診断確定後、入院期間が予測しにくい場合(高齢の方や末期がんのケースなど)

  1. がん診断確定
  2. 給付金請求(診断給付金の受け取り)
  3. 退院
  4. 給付金請求(手術給付金や入院給付金の受け取り)

「がん診断給付金」は当面の不安を取り除くことができる

がん診断給付金がある保険の場合には、まずそれだけでも受け取りたいですね。

50万円や100万円のお金が口座に振り込まれれば、がんと闘う上でまずは経済的な不安を少しでも取り除くことができます。

必要書類を不備なく揃え、保険会社に提出すれば、だいたい2~3営業日くらいで支払ってくれます。

保険会社は早いのですが、問題は医療機関が診断書の作成に1週間くらいことですね。

なかには1ヶ月近くかかったケースも・・・。

ちょっと、ひどいなそれは・・・。

シンママが入るべき保険とは?

保険というのは、死亡したときや病気になってときなどに、お金がもらえるものです。

保険に入ると死亡リスクが低くなったり、病気になりにくくなるものではないですね。

当たり前ですが・・・
結局、保険は「お金」の問題を解決するためのものです。

なのでお金の問題がない人はシンママでも、保険に加入する必要性は低いといえます。

例えばシンママでお子さまがまだ5歳。

ご自身が亡くなってしまった場合、残された5歳の子の生活が心配。

でも貯金が1億円あります。

このような方であれば、がん保険や死亡保障に加入する必要はなさそうです。

そんな人とお知り合いになりたいな~。

保険が必要なシンママはどれくらいの保障を用意すればいいのか?

  • ご自身が亡くなってしまい、残されたお子さまがどのような環境で生活するか。
  • ご自身が病気になり働けなくなってしまったら。

このようなことを想定すれば、どのような保険をどのくらい用意すればいいのか少し見えてくるのではないでしょうか?

その方に必要な保険というのは、本当に人それぞれになるのです。

  • 厚生年金に加入しているか?
  • 持ち家か賃貸か?
  • ご両親はご健在か? またご両親の収入は?

様々な要素で用意するべき保険は変わってきます。

もちろん保険料とも相談しなくてもいけません。

シンママにはこの保険!とは一概には言えませんが、少なくともお子さまが贅沢しないまでも普通の暮らしができるくらいの保険は用意しておきたいですね。

現実はキビシイよ!

参考までに

小学校から大学まで全て公立・国立である場合の教育費(授業料や部活、塾など含む)は約750万円と言われています。

全て私立の場合は約2,000万円です。かなりの金額ですね!

2,000万円の死亡保障を保険期間20年で設定すると、35歳女性で月々4,000円くらいの保険料です。

また、がんに罹った場合の1年間の自己負担額は90~100万円と言われています。

がん診断給付金が100万円のがん保険であれば、35歳女性で月々2,400円くらいから準備ができます。

一般的に、シンママ家庭の平均年収は243万円、貯蓄も50万円以下の方が約5割と言われています、できるだけ固定費は抑えたいのが現状だと思います。

だからこそ、保険が必要で、もし保険の準備がなく何かあった場合は、お子さまと一緒に厳しい生活を余儀なくされることが考えられますね。

そのリスクを軽減するためにも、最低限の保険は準備しておいたほうが良いかもしれません。


スポンサーリンク
ランキング1位
みんなの保険アドバイザー

保険相談サイト立ち上げから10年の老舗サービス。
蓄積されたノウハウと実績は業界トップクラス。
登録FPも多く、担当FPが決まるまでの時間が短いのが特徴。
一部地域(現在は関東地区、関西地区)ではFPを指名することも可能です。
みんなの生命保険アドバイザー評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

無理な勧誘など会った場合、電話一本で無料面談の中止や 担当者の変更などを行うことができる「ストップコール」が導入されています。

みんなの生命保険アドバイザー

ランキング2位
保険の選択

最大のメリットは、面談日時と場所を直接FPと相談して決定すること。
時間と場所を自由に設定できるのはもちろんですが、電話で話しができることで、面談前に色々と伝えることもできるのです。
例えば、
死亡保障は〇〇生命で数年前に加入したものがある、これより良いものがあれば変更したいし、なければそのままにしたい。
など、事前に伝えることができれば、初回の面談で充実した内容の相談をすることが可能ですし、時間の節約にもなりますね。
保険の選択 評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

「お客様満足度ランキング制」を導入。お客様の声により、評判の悪いFPは強制退会させられます。

保険の選択

ランキング3位
FPのチカラ

多くの無料保険相談サイトが、相談するFPを選ぶことができないのに対して、FPのチカラだけは写真・プロフィール・保有資格・相談件数・口コミなどを閲覧し、自分自身でFPを選ぶことができます。
FPのチカラ 評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

登録するFPには、しつこい営業行為が行われないようにしています。
また、万が一そのような行為があった場合、カスタマーサービスに連絡すれば運営サイトからFPに注意が入ります。

FPのチカラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする