アクサ生命 ユニット・リンク(有期型)はどうなの?

タケ
前回の「変額保険って何?」という話を聞いて、さっそくユニットリンクのパンフレットを読みましたよ!
ホケン先輩
どうでしたか?
タケ
イマイチ分からないところもあるんですが、
ボクなりの理解で説明します。
  • 保険料は毎月一定
  • 死亡保障が付く(最低保証あり)
  • 解約返戻金は選んだ特別勘定で変化(最低保証なし)
  • 特別勘定はリスクに応じて8種類、数種類の組みわせも可能
  • 特別勘定の変更は月1回まで、インターネットで無料
  • 満期時「一時金で受け取る」「年金で受け取る」「死亡保障を続ける」から選択

ホケン先輩
素晴らしい!保険販売できますよ!

スポンサード・リンク

ユニットリンクで元本割れを防ぐ方法

タケ
仕組みはなんとなく理解できました。
でもやっぱり元本が減るのは嫌だな・・・。
ホケン先輩
減るリスクを少なくすることも可能ですよ。
タケ
特別勘定の上手な選び方があるとか!?

払い込んだ保険料総額よりも受取額が少ないことを元本割れといいますが、これはなんとしても避けないといけません。

ユニット・リンクで元本割れを避ける一番の方法は、特別勘定の選び方ではありません。
長期投資することに尽きます。

最低20年、できれば25年以上ユニット・リンクを続けることができれば、元本割れの可能性はかなり低くなります。

そして特別勘定は「安定成長バランス型」または「積極運用バランス型」を多めに組み入れれば、ほぼ元本割れはしないのではないかと思います。

タケ
元本割れしないのであればやってもいいかなーって思い始めました。

ホケン先輩
そもそも、リスクのない金融商品に、大きなリターンは望めませんね。

タケ
たしかに、そうかもね・・・。
でも、ちょっと気になることがあって。
ホケン先輩
なんでしょう?
タケ
「ユニットリンク」で検索すると「やめたほうがいい!」みたいなブログが、よくでてくるんですよ。
それ読んだら、やめた方がいいのかなって思っちゃって。
ホケン先輩
なるほど。
自分も読んだことありますよ。
少し解説しますね。
FPのチカラ

ユニット・リンクの悪い口コミ・評判

ユニット・リンクについて批判的な内容はこんなところでしょうか。

  • 死亡保障に係る費用が高い
  • 死亡保障がいらない人は投資信託など自分で投資すればよい
  • 保険屋の手数料が高いから勧めている

自分で投資先を選ぶのは難しい

まず「死亡保障がいらない人は自分で投資すればよい」ですが、まったくその通りだと思います。
直接投資ができる人であれば・・・ですけどね。

6,000種類とも言われる投資信託の中から、自分の目的にあった投資信託を選ぶのは簡単ではありません。
多くの投資信託が作られては、消えていきます。

繰上償還といって30年運用しようと思っていたのに、やめる人が多くて予定より早く償還(清算しお金を返すこと)されることもあります。

その点、アクサ生命のユニット・リンクであれば、契約者も多いですいし、ほとんどの人が長期投資目的で加入しているので安心です。

資産形成は面倒くさい

ホケン先輩
自分で投資するのもハードルが高いですよ
証券会社に口座がなくても、投資経験がなくても、少額から(年齢によっては月5,000円)資産形成ができるのがユニット・リンクの強みだと思います。
タケ
証券会社に口座作って、商品選ぶのは確かにハードル高いな。

投資信託は証券会社を通じて購入する商品なので、ほとんどの方がリスクを承知で購入しています。「元本割れしたけど、どうしてくれるんだ!」というクレームはありませんね。

タケ
「投資」信託ですからね。そりゃ元本割れすることだってあるでしょうね。

ユニットリンクが誤解されやすい?

しかし、ユニット・リンクのような変額保険は保険屋さんから加入しています。リスクをあまり理解していない契約者も存在するので「元本割れしたけどどうしてくれるんだ!」というクレームが実際に結構あるんです。(保険屋さんの説明責任に問題ありですが・・・)

そのためか、変額保険の特別勘定は「日本株式型」「世界株式型」「世界債券型」「新興国株式型」など市場全体を対象としたものが多く、あまり動きの大きいものではありません。

なるべく元本割れを避けるラインナップで「元本割れしたけどどうしてくれるんだ!」というクレームを受けないようにしようとしているのかもしれません。

投資経験があるなら自分で!
なければユニットリンクがお手軽で簡単!

長くなりましたが、「死亡保障がいらない人は自分で投資すればよい」は確かにその通りです。しかし、投資経験がなければユニット・リンクは良い商品だと思います。

まずは月5,000円とか10,000円でユニット・リンクを始め、なんとなく投資に関する知識が付いてきたら、自分で商品を選んで投資するのも良いかもしれませんね。

タケ
そういえばユニット・リンクを批判している人のブログは投資経験ある人だったり、ユニット・リンクよりもこっちの金融商品が良いとリンク貼ってるブログだったかも。
タケ
投資経験あるなら自分で。なければユニット・リンクもあり!ってことですね。

ユニット・リンクは手数料が高いの?

さて、もう1つの「保険屋の手数料が高いから勧めている」ですが、ユニット・リンクの手数料はそこそこ高いです。ですが、手数料狙いであればオリックス生命の「RISE」という低解約終身保険のほうを売りたいですね。

タケ
オリックス生命の「RISE」は、ユニット・リンクより手数料がいいんですか?
ホケン先輩
代理店のランクにもよりますが、だいたい同じくらいですね。
でも「RISE」は販売が楽なんですよ。

「RISE」は返戻率は高くないですが、将来の解約返戻金が約束されているものです。
ちょっと説明すればお客さんはお得な商品だといって割と簡単に契約となります。

ですがユニット・リンクはどうでしょう?

まず商品の説明に時間がかかります。
それにリスクのある商品なのでお客さんも迷います。

RISEに比べてユニット・リンクは1~2回面談回数が増えますね。

タケ
同じくらいの手数料なら少ない面談回数で契約になったほうが保険屋としてはいいですね。

ユニット・リンクは保険屋にとって、正直売りやすい商品ではありません。

勧める側もそれなりの覚悟がないとできませんから、手数料が高いという理由だけで勧めているわけではないと思いますよ。

スポンサーリンク
ランキング1位
みんなの保険アドバイザー

保険相談サイト立ち上げから10年の老舗サービス。
蓄積されたノウハウと実績は業界トップクラス。

登録FPも多く、担当FPが決まるまでの時間が短いのが特徴。

一部地域(現在は関東地区、関西地区)ではFPを指名することも可能です。
みんなの生命保険アドバイザー評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

無理な勧誘など会った場合、電話一本で無料面談の中止や 担当者の変更などを行うことができる「ストップコール」が導入されています。

みんなの生命保険アドバイザー

ランキング2位
保険の選択

最大のメリットは、面談日時と場所を直接FPと相談して決定すること。

時間と場所を自由に設定できるのはもちろんですが、電話で話しができることで、面談前に色々と伝えることもできるのです。

例えば、
死亡保障は〇〇生命で数年前に加入したものがある、これより良いものがあれば変更したいし、なければそのままにしたい。
など、事前に伝えることができれば、初回の面談で充実した内容の相談をすることが可能ですし、時間の節約にもなりますね。
保険の選択 評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

「お客様満足度ランキング制」を導入。お客様の声により、評判の悪いFPは強制退会させられます。

保険の選択

ランキング3位
FPのチカラ

多くの無料保険相談サイトが、相談するFPを選ぶことができないのに対して、FPのチカラだけは写真・プロフィール・保有資格・相談件数・口コミなどを閲覧し、自分自身でFPを選ぶことができます。
FPのチカラ 評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

登録するFPには、しつこい営業行為が行われないようにしています。
また、万が一そのような行為があった場合、カスタマーサービスに連絡すれば運営サイトからFPに注意が入ります。

FPのチカラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする