日本生命のプラチナフェニックスが勝手すぎてヤバイ件について!

節税をアピールした保険商品を問題視

タケ
法人向けの定期保険が問題らしいです!
だけど、日本語とは思えないくらい難解です
スポンサーリンク


節税保険、実態調査の新聞報道

生命保険各社が「節税」をアピールして中小企業経営者に売り込む保険について、金融庁が商品の設計などを問題視し、実態調査に乗り出した。保険料支払いで課税所得を減らし、将来解約すれば保険料の多くが戻って節税効果を上げる商品。最近は保険会社の営業が過熱しており、金融庁は保険の趣旨を逸脱するおそれがないかも調べる。

大手生保がメリットを競って売り込み…「節税保険」のしくみ

問題になっているのは、「法人向け定期保険」。主に中小企業が契約し、経営者や役員の死亡の際に保険金が支払われる。いくつかの条件を満たせば、保険料は全額経費扱いになる。

企業は保険料支払いで利益を圧縮し、法人税支払いを減らせる。加入後10年程度で解約すれば、支払った保険料の多くが「解約返戻金」として戻る。利益を上げて税金を払うより、保険に入って返戻金を受け取った方が手元にお金が残る。返戻金は課税されないように、役員退職金などの経費に充てる。

日本生命保険が昨年4月に発売した「プラチナフェニックス」の場合、60歳で契約し、保険料を10年間支払った後解約すると、当時の基準で支払った保険料の約85%が手元に残る。

これに対し、通常通りに法人税を払うと、利益のうち手元に残るのは約66%だ。保険に入った方が、手元に残るお金は3割近くも多くなる。

生保各社は同様の商品を相次いで投入しており、第一生命保険が今年3月発売した商品では、手元に残るお金が、法人税を払った場合より4割超も多いケースがあった。

ただ節税のために中途解約を推奨する商品は、死亡時の保障という本来の趣旨からは逸脱しかねない。営業現場では「節税PR」も横行。返戻金を引き上げるために不自然な設定をしている商品まで登場したことで、金融庁は脱法的な行為になりかねないと判断している模様だ。

同庁は今月、生保各社に対し、法人向け定期保険の実態を問うアンケートを送った。今後個別に聞き取りをすすめ、年度内に必要な行政措置を判断する。

生保業界では以前も同様の保険販売が過熱。2008年には国税庁が通達で、保険料の一部を経費に算入できなくするなど厳格化してきた。最近は商品内容を変え、通達の「抜け穴」を突いているとみられる。

2018年7月 朝日新聞より

経費として認められるのは半分だったのに・・

法人を契約者にして保険に加入すると、損金(必要経費)として処理されることがあります。

タケ
なんで会社なのに保険に入るんですか?
例えば、会社の経営者や役員が死亡してしまうと、会社に大きな損失を与えかねません。

経営者の死亡が原因で得意先を失うかもしれませんし、借入金の返済を迫られるかもしれません。

そのために経営者を被保険者とした死亡保険に加入しておけば、死亡保険金は会社に振り込まれ当面の資金繰りを安定化することができます。

この場合の死亡保障は、掛け捨てであれば会社運営に必要だと認められ損金(会社の経費)として計上できます。

タケ
なるほど!

一般的に、解約返戻金のない掛け捨てタイプの死亡保険であれば、保険料の全額を損金として計上でき、解約時にお金が戻ってくる解約返戻金のあるタイプの死亡保険は保険料の半分が経費として認められます。
(損金として認められるには様々な要件がありますがここでは触れません)

タケ
解約返戻金があるタイプは保険料の半分は損金。
残りの半分はどうなるんですか?
ホケン先輩
会社の資産として計上されます。
タケ
お金が貯める保険だから資産なんですね。
ホケン先輩
法人契約の仕組みもいつか書くかもしれませんが、今回は新聞記事についての解説としますね!
$B%$%s%:%&%'%V(B $B3X;qJ]81(B

プラチナフェニックスが業界に火をつけた

2017年に日本生命から解約返戻金がある全額損金計上できる保険が発売されました。

タケ
ちょっと!
さっき損金は半分だけって言ってたじゃないですか
ホケン先輩
そうなんですけど。
全額を損金に計上できる保険ができたから、これがすごい反響で!
日本生命は数ヶ月で年間の販売目標を達成してしまったくらい。

そして、その後は東京海上日動あんしん生命、第一生命から外資系のアクサ生命まで多くの保険会社が後に続いているという状況です。

タケ
みんな2匹めのドジョウ狙いか?(笑)

この商品の最大の特徴は下記のようになります。

  • 契約後一定年数(10年~20年程度)は病気で死亡しても保険金額は支払い保険料総額より少ない
  • 健康状態の告知が緩和されている
  • 若い人よりも60代の方が返戻率が良い
タケ
早く死んだら損するってこと?
ホケン先輩
はい。損しますね。
タケ
だから特徴2つ目の健康状態の告知も緩くなるんですね・・・
ホケン先輩
がん罹患経験者でも加入できることがありますからね。
タケ
まじですか?
本気と書いてマジと読む世代・・(笑)

節税目的の保険だから問題視?

金融庁が問題視しているのは、「保険が本来の目的ではないのでは?」という点。

経営者の死亡に備えるという意味で、これらの商品も問題はない。
では、なぜ病気死亡では保険金が少ないのか?

経営者が事故で死んだら困るけど、病気で死んでも困らない・・・。
なんてことは(普通は)ないはずですね。

  • 確率の低い災害時の死亡保障に特化
  • 返戻金あり
  • 全額損金にできる

コレ、怪しくないですか?
疑われてもしょうがない。

ホケン先輩の勝手な憶測

ちなみに保険会社が商品を販売するときは事前に金融庁の許可を得ています。
金融庁の許可がないと保険を販売できません。

タケ
本気ですか?
じゃあこの商品も金融庁の許可がでているってことですね!
ホケン先輩
そうです。
タケ
問題視するくらいなら許可しなければいいのに・・・
ホケン先輩
ですよね(笑)
でもこれにはわけがあると個人的には思っています。
以下憶測です!
  1. 保険業界の中では日本生命は圧倒的に力を持っています。
  2. もちろん金融庁とのパイプも非常に太い。
  3. で、この商品は最初に日本生命が出しました。
  4. 日本生命だから金融庁に認可されたんじゃないかと思うくらい微妙な商品
  5. そんな日本生命は一気に販売し、もう満足な状態
  6. 他社は後追いで日本生命の商品より良いスペックのものを販売
  7. 日本生命と同じ仕組みだから、金融庁は認可せざるを得ない
  8. 2018年4月に日本生命のプラチナフェニックスは値下げ、同時に返戻率も下げる
  9. 返戻率が下がるとそれだけ商品の魅力は低下します
  10. 三井住友海上あいおい生命もこの商品に参入
  11. もう商品比較しても日本生命は勝てません
  12. プラチナフェニックスはもう売れないし売れなくてもいい
  13. だったら金融庁つついて全社売れなくしてしまえ!

という妄想です。

タケ
本気でヤバイ(笑)
日本生命恐るべし。
スポンサーリンク
ランキング1位
保険見直しラボ
 
TVCMでもおなじみの保険見直しラボ。

ベテランFPが多いのが最大の特徴。
その保険業界歴平均はなんと11.8年以上!

お客様から信頼されないFPはどんどん消えていく保険業界で、10年以上の経験は何よりも優積者の証といえます。
※優績者とは?・・・優秀な成績をコンスタントに納める保険営業のこと。

面談日時は指定できるか?

申込時に第2希望まで指定可能です。

対応エリアは?

北海道から沖縄県まで全国約60拠点は訪問型代理店では国内最大級の規模。
ほぼ全てのエリアで対応可能です。

しつこく営業されたりしないか?

過度な営業行為や失礼な対応があった場合は、無料面談の中止や 担当者の変更などを行うことができる「イエローカード制度」が導入されています。

保険相談で何かもらえる?

期間限定!保険相談+面談後アンケート回答で「北海道産ゆめぴりか」「雪室熟成豚」「ダロワイヨのマカロン」「宮城県仙台名物 熟成牛タン」などから選べる特典プレゼント!

ランキング2位
みんなの生命保険アドバイザー

保険相談サイト立ち上げから10年の老舗サービス。
蓄積されたノウハウと実績は業界トップクラス。
登録FPも多く、担当FPが決まるまでの時間が短いのが特徴。
一部地域(現在は関東地区、関西地区)ではFPを指名することも可能です。

面談日時は指定できるか?

申込み完了後、運営サイトからのヒヤリングで第3希望まで指定できます。

全国に対応しているか?

全国の保険相談に対応しています。

しつこく営業されたりしないか?

無理な勧誘など会った場合、電話一本で無料面談の中止や 担当者の変更などを行うことができる「ストップコール」が導入されています。

保険相談で何かもらえる?

期間限定!保険相談+面談後アンケート回答で「A5ランク 厳選黒毛和牛」プレゼント!

生命保険 相談

ランキング3位
保険見直し本舗

来店型ショップとして有名な「保険見直し本舗」
実は訪問保険見直し相談もやっているんです!

亀梨和也さんのCMでもおなじみの保険見直し本舗は契約実績100万件以上。
最大のポイントは取扱い保険会社40社以上と他を圧倒する数。
保険の加入目的をしっかり伝えればあなたにぴったりの保険がみつかること間違いなし!

予約は簡単か?

フリーダイヤルまたは無料相談予約フォームから簡単に予約できます。

全国に対応しているか?

全都道府県に対応しています。

子どもを連れていっても大丈夫?

キッズスペースのある店舗が多数あります。
来店が難しい場合はご自宅での面談も可能です。

しつこく営業されたりしないか?

保険見直し本舗は全て直営店による展開。
スタッフの教育はしっかり行われており、もちろんしつこい勧誘などありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする