癌(がん)だった人でも保険に入れるって本当?

がんにかかったことがあるので、自分は保険に加入できない。

そう思われている方も多いのではないでしょうか?

がんにかかったことがある方でも入れる保険はありますよ。
いやいや、それは無理なんじゃないですか?
だって、がんは再発のリスクが高い病気なんじゃないですか?

どんな保険なら入れるのでしょうか?
ちょっと紹介していきましょう。

スポンサード・リンク

がんが完治していれば入れる保険

医療保険、死亡保険は加入できる可能性があります。

ここでのポイントは「がんが完治してから5年経過している」ことです。

医療保険、死亡保険の告知には「5年以内に病気やケガで医師の診察、検査、治療、投薬のいずれかをうけたことがありますか?」という質問があります。

がんが完治してから5年以上経過していれば、この質問項目は「いいえ」となるので、がんにかかったことがあることは報告する必要もありません。

完治の定義とは?

ちなみに「完治」とは病気やケガが治り、医師から治療・経過観察の終了を告げられ、受診の指示や予定がない状態をいいます。

「もう治っているけど、念のため1年に1回くらいは検査にきてください」これは受診の指示にあたりますので、完治しているとはなりません。

このように、たとえがんでも完治してから5年が経過していれば、健康な方と保険加入の診査上は差がありません。

ただし、がん保険と医療保険にがん特約を付加する場合は、告知に「今までにがん(上皮内新生物含む)にかかったことがありますか?」という質問項目があるので、ここが「はい」となり、加入は難しくなります。

「5年以内に~」という文言があるかないかの違いですね!
FPのチカラ

完治してから5年経過しているのに、加入ができなかったケース

    実際にあった例をご紹介します。

  • 加入希望者:58歳女性
  • 加入希望:医療保険
  • 既往症:35歳のときに、乳がんに罹患。46歳で完治。
  • 現在の健康状態:一切問題なし。
  • この方は告知書の質問項目はすべて「いいえ」(全く問題ないということです)。
    がんが完治してから12年経過しているにも関わらず、医療保険の加入ができませんでした。

実はこの方は、今回申し込みをした保険会社のがん保険に30歳のとき加入していて、35歳でがんにかかったとき給付金を受け取っていたのです。

もちろんこのことは告知する必要もありませんので、申し込みに問題はありません。
しかし、保険会社は23年前にがんにかかったことがある、という情報を持っています。(同じ保険会社なので・・)

そのことが理由となり、医療保険の加入は見送られました。

診査部の判断として「乳がんの場合は、完治後5年以上経過していても、診査に影響することがある」ということでした。

通常、がんは治療後5年無事にに経過すれば、再発のリスクはかなり少なくなると言われています。

ただし乳がんの場合は、10年経過しても他のがんに比べ、再発のリスクが高く、そのことが診査に影響したとのことです。

持病がある人でも入れる保険はどうなのか?

持病がある方でも加入できる保険「引受基準緩和型の医療保険」であれば、少し入りやすくなりますね。
「引受基準緩和型の医療保険」は教えてもらいましたね。
健康診断の再検査項目によっては生命保険に入れないって本当ですか?

通常の医療保険の場合は「5年以内に病気やケガで医師の診察、検査、治療、投薬のいずれかをうけたことがありますか?」となり、がんの投薬や治療が終わっていても、経過観察のために年に1度受診をするというのが告知に該当します。

しかし引受基準緩和型の医療保険の場合、「5年以内にがんで診断確定・治療・投薬のいずれかをうけたことがありますか?」となり、経過観察が含まれなくなります。

もちろん、保険会社によって告知の質問項目はそれぞれ違いますが、経過観察が除かれることがほとんどだと思います。

がんとはいえ、治療が終わっていれば、加入できる保険は存在します。

保険申し込みをしなくても、がんに関する診査基準はわりと明確にされていますから、FPに相談すれば加入できるかどうかの目安はわかりますよ。

スポンサーリンク
ランキング1位
みんなの保険アドバイザー

保険相談サイト立ち上げから10年の老舗サービス。
蓄積されたノウハウと実績は業界トップクラス。

登録FPも多く、担当FPが決まるまでの時間が短いのが特徴。

一部地域(現在は関東地区、関西地区)ではFPを指名することも可能です。
みんなの生命保険アドバイザー評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

無理な勧誘など会った場合、電話一本で無料面談の中止や 担当者の変更などを行うことができる「ストップコール」が導入されています。

みんなの生命保険アドバイザー

ランキング2位
保険の選択

最大のメリットは、面談日時と場所を直接FPと相談して決定すること。

時間と場所を自由に設定できるのはもちろんですが、電話で話しができることで、面談前に色々と伝えることもできるのです。

例えば、
死亡保障は〇〇生命で数年前に加入したものがある、これより良いものがあれば変更したいし、なければそのままにしたい。
など、事前に伝えることができれば、初回の面談で充実した内容の相談をすることが可能ですし、時間の節約にもなりますね。
保険の選択 評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

「お客様満足度ランキング制」を導入。お客様の声により、評判の悪いFPは強制退会させられます。

保険の選択

ランキング3位
FPのチカラ

多くの無料保険相談サイトが、相談するFPを選ぶことができないのに対して、FPのチカラだけは写真・プロフィール・保有資格・相談件数・口コミなどを閲覧し、自分自身でFPを選ぶことができます。
FPのチカラ 評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

登録するFPには、しつこい営業行為が行われないようにしています。
また、万が一そのような行為があった場合、カスタマーサービスに連絡すれば運営サイトからFPに注意が入ります。

FPのチカラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする