医療保険は交通事故でも使える?

交通事故では保険が使えません。
これ、ホケン先輩も聞いたことありますよね?
使えないって言われている保険は健康保険のことですよね?
交通事故で被害者になってしまった場合、
自分で加入している医療保険は使えないんですか?
交通事故でも健康保険は使えますよ。

病院側が交通事故による治療を自由診療にしていることがあったので、健康保険が使えないという話しもありましたが、実際には問題なく健康保険が使えます。

マジっすか
そして、民間の医療保険ももちろん、交通事故で使うことはできます。
スポンサード・リンク

交通事故でも使える保険

医療保険、死亡保険ともに交通事故が原因の入院や死亡を対象外としていることはほとんどありません。

よく間違えることがありますが、以前、地井武男さんがCMしていたアメリカンホームダイレクトの「これからだ」は傷害保険なので、医療保険とはちょっと違います。

50!80!よころんで!
80歳でも月2,800円なら安いですが、不慮の事故による補償なんです。

さて、話は戻って医療保険、死亡保険は、交通事故でも使えます。

ただし、無免許運転、飲酒運転が原因の交通事故は支払い対象となりません。

自分が無免許運転・飲酒運転をして起こした交通事故には使えないってことですね?
そうですね、
自分が交通事故の被害者で、加害者(事故の相手)が無免許運転でも、医療保険・死亡保険ともに使えます。

加害者から示談金も出てオイシイ?

交通事故の被害者ということは、当然、加害者がいますよね?
ちゃんと自動車の保険に入っていてくれれば、
示談金とか通院の治療費とか出ると思うんです・・。これって、ダブルに保険金がもらえるからオイシイかもですね?

医療保険は何日入院したか、どんな手術を行ったかが給付金支払いのポイントです。

なので、加害者からいくらもらったか?

自分が加入している自動車保険から治療費が出た。

というのは関係なく、受け取ることができます。

おぉ!
「今月ピンチだから当たってくるか・・」
って事になりそうですね。(笑)
FPのチカラ

交通事故での死亡は死亡保険も受け取れる?

交通事故が原因で死亡した場合も、死亡保険金はちゃんと支払われます。

このような特約が付加されていれば、病気による死亡時よりも多く受け取ることが可能ですよ。

災害割増特約
不慮の事故、または特定の感染症などにより死亡した場合に、保険金が支払われます。
障害特約
不慮の事故、または特定の感染症などにより死亡したり、身体障害の状態になった場合、保険金が支払われます。
保険金額 保険料
定期保険(主契約) 2,000万円 4,100円
災害割増特約 1,000万円  390円
障害特約 1,000万円  560円
合計 5,050円

こちらの保険に加入している方が死亡した場合、保険金額はこのようになります。

定期保険
(主契約)
災害割増特約 障害特約 合計
病気による死亡 1,000万円 0円 0円 1,000万円
不慮の事故による死亡 1,000万円 1,000万円 1,000万円 3,000万円
不慮の事故による身体障害 0円 0円 100~1,000万円
(等級による)
100~1,000万円
安い保険料で保険金が倍になった!
超お得じゃないっすか!
お得はお得ですが(汗
本当に必要な特約かどうか、考える必要がありますね。
というと?

死亡保険の目的は、「自分に万一のことがあっても、残された家族が金銭面で困ることがないようにする。」ですね。

一家の大黒柱ががんで亡くなるのと、交通事故で亡くなるのでは、その後の生活に差がありますか?

精神的なお話ではなく、お金について言えば、事故で亡くなったからといって保険金が多く必要だということはないと思います。

むしろ、交通事故などで加害者がいたり、自分の自動車保険からも保険が支払われることを考えると、病気による死亡よりも受け取れる金額は多いかもしれません。

なるほど・・・。

じゃあいらないかな?

いえ、考えなくてはいけないのは死亡リスクだけではありません!

高度障害状態になった場合も、死亡と同じように保険金が支払われます。

交通事故などで高度障害状態になると死亡したときよりもお金がかかるケースもあります。

死亡した場合は、会社から死亡退職金や遺族年金などありますが、高度障害状態の場合はそれらもなく、今後介護の費用までかかる可能性があります。

この特約、いるのかいらないのか、わからなくなってきた!
保険屋さんと保険料を見ながら決めるのがいいと思いますよ!
スポンサーリンク
ランキング1位
みんなの保険アドバイザー

保険相談サイト立ち上げから10年の老舗サービス。
蓄積されたノウハウと実績は業界トップクラス。

登録FPも多く、担当FPが決まるまでの時間が短いのが特徴。

一部地域(現在は関東地区、関西地区)ではFPを指名することも可能です。
みんなの生命保険アドバイザー評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

無理な勧誘など会った場合、電話一本で無料面談の中止や 担当者の変更などを行うことができる「ストップコール」が導入されています。

みんなの生命保険アドバイザー

ランキング2位
保険の選択

最大のメリットは、面談日時と場所を直接FPと相談して決定すること。

時間と場所を自由に設定できるのはもちろんですが、電話で話しができることで、面談前に色々と伝えることもできるのです。

例えば、
死亡保障は〇〇生命で数年前に加入したものがある、これより良いものがあれば変更したいし、なければそのままにしたい。
など、事前に伝えることができれば、初回の面談で充実した内容の相談をすることが可能ですし、時間の節約にもなりますね。
保険の選択 評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

「お客様満足度ランキング制」を導入。お客様の声により、評判の悪いFPは強制退会させられます。

保険の選択

ランキング3位
FPのチカラ

多くの無料保険相談サイトが、相談するFPを選ぶことができないのに対して、FPのチカラだけは写真・プロフィール・保有資格・相談件数・口コミなどを閲覧し、自分自身でFPを選ぶことができます。
FPのチカラ 評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

登録するFPには、しつこい営業行為が行われないようにしています。
また、万が一そのような行為があった場合、カスタマーサービスに連絡すれば運営サイトからFPに注意が入ります。

FPのチカラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする