がん保険、通院治療には適用されないって本当なの?

若い頃から「がん保険」に入っているから、すっかり安心していました。「がん保険」のテレビCMで「入院一日目から保険がおります」「通院治療でも保険の対象に」「がんと診断されたら・・・」なんて、やっているのを何の危機感も持たずに観ていたんです。

しかしいざ自分が、がんになった時、検査入院の2日分の3万円しか保険が下りなかったんです。

ショックでした。

スポンサード・リンク

もしかして「がん保険詐欺」?

これは「がん保険詐欺」だ! そうでしょ?
契約時に説明を受けているはずなので、詐欺ではないと思うのですが・・・

でもお気持ちはわかります。

「がん治療」には数十万円かかっているのに、出た保険金が3万円ではショックですよね。

ちょっと、ちょっと、ひどいよ!

ちょっと、ちょっと

がん保険の保証内容をおさらい

がん保険と言っても保障内容は様々です。

フムフム

がんの保障にはどのようなものがあるのか、確認してみましょう。

保障内容 支払い事由 給付金額
 診断給付金 がんと診断確定されたとき 100万円/回
 入院給付金 がん治療のために入院したとき 10,000円/日
 通院給付金 がん治療のために通院したとき 10,000円/日
 手術給付金 がん治療のために手術を受けたとき 20万円/回
 放射線治療給付金 がん治療のために放射線治療を受けたとき 20万円/回
 抗がん剤治療給付金 がん治療のために抗がん剤治療を受けたとき 10万円/1ヶ月ごと
 がん先進医療給付金 がん治療のために先進医療を受けたとき 通算2,000万円まで
 がん死亡保険金 がんを原因として亡くなったとき 100万円

上記は例になりますが、がん保険での保障内容はだいたいこのようになっています。

ここで問題になるのが、加入しているがん保険はどの保障があるかということになります。

質問をいただいた方の「がん保険」では「通院給付金」が通院した日数だけ保険でおりた、ということなんですかね?
いや、たぶん違いますね。
ご質問者さまは、かなり古いタイプの「がん保険」に入っていたことが考えられます。
FPのチカラ

40年前のガン保険とは?

40年近く前のがん保険では保障内容が

  • がんで入院したとき ⇒ 1日15,000円
  • がんで20日以上入院のあと、在宅療養が必要と認められたとき ⇒ 20万円
  • がんを原因として亡くなった時 ⇒ 150万円

この程度だったりします。

う~ん・・・、あっさりしてますね。
ないよりはマシ、程度の保証内容かも。
当時、がんと言えば長期入院、そして亡くなってしまう可能性が高い病気とされていました。

なので保障は入院と死亡保険金が中心となっています。

なるほど!
がん=死亡 から、がん=治療にお金がかかる に変わったわけですね。

新旧のがん保険を比べてみた

このがん保険に加入の男性が、60歳くらいからリスクが高まる前立腺がんになり放射線治療をした場合、どのくらいの保険金額が受け取れるのでしょうか?

  • 検査入院 1泊2日
  • 放射線治療 週5日を2ヶ月

受け取れる保険金は入院給付金15,000円×2日分=30,000円となります。

がん保険加入時の治療方法と、現在の治療方法が違っているために起きてしまうことなんですね。

少なっ!
    今の「がん保険」に加入していたと仮定すると・・・。

  • 診断給付金 100万円×1回
  • 入院給付金  1万円×2日分
  • 通院給付金   1万円×40日分
  • 放射線治療  20万円×1回

保険金総額  162万円

このくらいの保険金を受け取れる可能性は十分にあります。

時代の変化とはいえ、40年前の保険が3万円、いまの「がん保険」なら162万円って、この差はデカイですね。
$B%$%s%:%&%'%V(B $B3X;qJ]81(B

がんの治療にも増えている通院治療

がんといえば昔は手術が中心でした。

今は「手術療法」「化学(抗がん剤)療法」「放射線療法」が三大療法と呼ばれています。

なかでも「放射線療法」の場合、1回の照射時間は約1分、位置合わせを含めても10分程度で終わることから通院での治療がほとんどです。

なるほどな~

通院治療に適用される「がん保険」とは

最近は多くの保険会社で通院保障が付いたものが発売されています。

通院給付金の支払い事由には

  • 手術療法」「化学(抗がん剤)療法」「放射線療法」のための通院
  • 入院後の通院(退院日の翌日から180日以内)

など、細かい条件があるので、確認が必要です。

保険は時代に合わせて見直していかなくてはいけないということですね。
あざま~す!

最後に念のため!

最近のがん治療は入院は短く、その後の通院治療が増えてきているのは事実です。

ですが、長期入院される方もいます。

70代後半の男性でしたが、末期の胃がんで余命1ヶ月と言われました。

ところが約10ヶ月入院を続けた後、亡くなってしまいました。

その方は40年前のがん入院とがん死亡保険金が中心の古い保険でしたが、ご家族の方にとっては大きな助けとなったのは言うまでもありません。

古いがん保険=すぐ切り替えたほうが良い

とは限りませんので、ご注意を。

スポンサーリンク
ランキング1位
みんなの保険アドバイザー

 
保険相談サイト立ち上げから10年の老舗サービス。
蓄積されたノウハウと実績は業界トップクラス。
登録FPも多く、担当FPが決まるまでの時間が短いのが特徴。
一部地域(現在は関東地区、関西地区)ではFPを指名することも可能です。

いつから運営されているサイトか?

2005年

面談日時は指定できるか?

申込み完了後、運営サイトからのヒヤリングで第3希望まで指定できます。

全国に対応しているか?

全国の保険相談に対応しています。

しつこく営業されたりしないか?

無理な勧誘など会った場合、電話一本で無料面談の中止や 担当者の変更などを行うことができる「ストップコール」が導入されています。

生命保険 相談

ランキング2位
保険の選択

大手の保険無料相談サイトと比較すると、規模も小さく、登録FPも少ないです。
ですが、細かい希望を伝えることができ、基本的に全て対応可能となっています。

例えば、アクサ生命の取扱いがあるFP、女性FPなら自宅面談可能、〇月〇日午後に新宿駅付近で面談可能なFPなどなど。

最大のメリットは、面談日時と場所を直接FPと相談して決定すること。
これ、実はかなり大きなポイントだと思います。

時間と場所を自由に設定できるのはもちろんですが、電話で話しができることで、面談前に色々と伝えることもできるのです。

例えば、女性特約、三大疾病の一時金がある医療保険を65歳くらいで払い終えるプランで、保険料は月7,000円以下で検討している。
死亡保障は〇〇生命で数年前に加入したものがある、これより良いものがあれば変更したいし、なければそのままにしたい。
など、事前に伝えることができれば、FPもある程度の準備ができますよね。

それだけ初回の面談で充実した内容の相談をすることが可能ですし、時間の節約にもなりますね。

いつから運営されているサイトか?

2010年

面談日時は指定できるか?

担当FPと直接、日程の調整をします。

全国に対応しているか?

全国の保険相談に対応しています。

しつこく営業されたりしないか?

「お客様満足度ランキング制」を導入。お客様の声により、評判の悪いFPは強制退会させられます。

保険の選択

ランキング3位
保険見直し本舗

来店型ショップとして有名な「保険見直し本舗」
実は訪問保険見直し相談もやっているんです!

亀梨和也さんのCMでもおなじみの保険見直し本舗は契約実績100万円以上。
最大のポイントは取扱い保険会社40社以上と他を圧倒する数。
保険の加入目的をしっかり伝えればあなたにぴったりの保険がみつかること間違いなし!

予約は簡単か?

フリーダイヤルまたは無料相談予約フォームから簡単に予約できます。

全国に対応しているか?

全都道府県に対応しています。

子どもを連れていっても大丈夫?

キッズスペースのある店舗が多数あります。
来店が難しい場合はご自宅での面談も可能です。

しつこく営業されたりしないか?

保険見直し本舗は全て直営店による展開。
スタッフの教育はしっかり行われており、もちろんしつこい勧誘などありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする