解約返戻金は◯千円?お金が貯まる保険じゃなかったの?

たしか保険に加入するときには、
「だんだんお金が貯まっていく保険」
だと聞いていたように思うんです・・・。

しかし先日、解約したときの解約返戻金が数千円しか戻ってこなかったんです。

少し前に契約内容のお知らせがきたときは、解約返戻金が10万円くらいあったはずだったけど・・・。

10年以上も加入しているのに、数千円では納得できません。

これってどういうことなんでしょう?

担当の保険屋さんにバシッと言う前に理論武装しておきたいのでお願いします。

今回は保険先輩の出番はないな!
私がお答えしましょう。
これは「保険金詐欺だ~!」
以上!
さすがに詐欺はないと思いますよ(笑)

ですが、納得いかないのもわかります。

なぜ解約返戻金が数千円だったのか?

説明しますね。

スポンサード・リンク

お金が貯まる保険と、貯まらない保険の種類

まずは、保険の種類を解説。

保険には解約返戻金が「ないもの」と、「あるもの」があります。

掛け捨て
解約してもお金は返ってきません。解約返戻金がない。

主に、医療保険、がん保険、定期保険、収入保障保険など。

保険料は安いです。

貯蓄型
解約したときに、お金が戻ってきます。解約返戻金がある。

個人年金、終身保険、学資保険など。

保険料は高めです。

今回の質問者様の保険は何の保険だったのでしょうか?

数千円とはいえお金が戻ってきているから終身保険かな?
おお!正解です!素晴らしい!
よっしゃ!

いや、小学生でもわかるでしょ!

でも終身保険ってお金が貯まっていくんでしょ?

なんで解約返戻金が10万円から数千円に下がっているの?

恐らく途中で使ってしまったんだと思います・・・。
ええええええ!

マジっすか?

保険屋さんが使い込んでいたんっすか?

いやいや(笑)
FPのチカラ

質問者様が加入していた保険は「定期保険特約付き終身保険」といいます。

主契約である終身保険に、定期保険が特約で付加されているんです。

図で表すとこんな感じですね。

IMG_1016

この「定期保険特約付き終身保険」は貯蓄型の保険と掛け捨ての保険が組み合わされたものです。

問題はそのバランスですが、月々の保険料が16,000円だった場合、貯蓄型の終身保険は1,000円、掛け捨ての定期保険特約部分が15,000円と、このような内訳である場合が多いです。

月々16,000円保険料を支払っていても、貯蓄されているのは毎月1,000円程度ということなんです。

むむむ・・・。

でもたとえ1,000円でも10年も掛けていれば、10万円くらいは貯まるよね?

1,000円 × 12ヵ月 × 10年 = 120,000円

ほら、10万円になる!

たしかに一時期は10万円以上貯まっていたと思います。

しかし、最近「転換」を行ったのではないでしょうか?

貯まったお金を使い込む「転換制度」とは

「転換」(コンバージョンともいいます)はわかりやすくいえば、加入中の保険を下取りに出して、新しい保険に入るようなものです。

加入中の保険には、積立部分があり、今まで積み立ててきたお金を新しい保険の頭金として充てることになります。

今回は定期保険特約部分が更新を迎える10年で、転換制度を使って月々の保険料が変わらないようにしたのではないでしょうか。

普通に更新すると10歳年をとっているから保険料は当然上がる。

でも保険料が上がるのは困る。

そこで転換制度を使えば保険料は上がらない。

なるほど・・・。

勝手な想像ですが、このようなやりとりがあったのではないかと。

保険屋さん「お客様の保険はまもなく更新になり、保険料が今よりも高くなります。」

お客様「え?保険料上がるの?それは困るな。なんとかならないですか?」

保険屋さん「では転換制度を使ってはいかがでしょうか?転換制度を使えば、保険料は今とほとんど変わらず、保障内容も最新のものになりますよ!」

お客様「それはいいですね!そうしてください!」

転換制度は実際には、ご自身が今まで貯めてきたお金を新しい保険の頭金として充てるものですね。

でもそれを転換制度という言葉に置き換えると、自分のお金を使うように聞こえなくなってしまうのかもしれません。

もちろん転換制度についてしっかりと、説明した上での選択であれば問題ありませんが、今回はそうでなかったのかもしれませんね。
【参考】保険無料相談で損しない!保険屋に騙されないための理論武装。

結局10万円以上貯まっていたお金を転換制度で活用し、それまで貯まっていたお金はゼロに。

そしてその数ヶ月後に解約をすると、新しい保険の積立部分1,000円×数ヵ月で解約返戻金は数千円となります。

仕組みについては納得。

解約返戻金が数千円には納得いかないけど。

転換には積み立ててきたお金を、新しい保険の終身保険部分に充当する方式、定期保険特約部分に充当する方式、両方に充当する方式など色々あります。

どちらにしてもしっかりと説明を聞き、納得してから決断しましょう。

転換については、月々の保険料と保障内容だけではなく、その裏に隠された積立金があることをお忘れなく。

スポンサーリンク
ランキング1位
みんなの保険アドバイザー

 
保険相談サイト立ち上げから10年の老舗サービス。
蓄積されたノウハウと実績は業界トップクラス。
登録FPも多く、担当FPが決まるまでの時間が短いのが特徴。
一部地域(現在は関東地区、関西地区)ではFPを指名することも可能です。

いつから運営されているサイトか?

2005年

面談日時は指定できるか?

申込み完了後、運営サイトからのヒヤリングで第3希望まで指定できます。

全国に対応しているか?

全国の保険相談に対応しています。

しつこく営業されたりしないか?

無理な勧誘など会った場合、電話一本で無料面談の中止や 担当者の変更などを行うことができる「ストップコール」が導入されています。

生命保険 相談

ランキング2位
保険の選択

大手の保険無料相談サイトと比較すると、規模も小さく、登録FPも少ないです。
ですが、細かい希望を伝えることができ、基本的に全て対応可能となっています。

例えば、アクサ生命の取扱いがあるFP、女性FPなら自宅面談可能、〇月〇日午後に新宿駅付近で面談可能なFPなどなど。

最大のメリットは、面談日時と場所を直接FPと相談して決定すること。
これ、実はかなり大きなポイントだと思います。

時間と場所を自由に設定できるのはもちろんですが、電話で話しができることで、面談前に色々と伝えることもできるのです。

例えば、女性特約、三大疾病の一時金がある医療保険を65歳くらいで払い終えるプランで、保険料は月7,000円以下で検討している。
死亡保障は〇〇生命で数年前に加入したものがある、これより良いものがあれば変更したいし、なければそのままにしたい。
など、事前に伝えることができれば、FPもある程度の準備ができますよね。

それだけ初回の面談で充実した内容の相談をすることが可能ですし、時間の節約にもなりますね。

いつから運営されているサイトか?

2010年

面談日時は指定できるか?

担当FPと直接、日程の調整をします。

全国に対応しているか?

全国の保険相談に対応しています。

しつこく営業されたりしないか?

「お客様満足度ランキング制」を導入。お客様の声により、評判の悪いFPは強制退会させられます。

保険の選択

ランキング3位
保険見直し本舗

来店型ショップとして有名な「保険見直し本舗」
実は訪問保険見直し相談もやっているんです!

亀梨和也さんのCMでもおなじみの保険見直し本舗は契約実績100万円以上。
最大のポイントは取扱い保険会社40社以上と他を圧倒する数。
保険の加入目的をしっかり伝えればあなたにぴったりの保険がみつかること間違いなし!

予約は簡単か?

フリーダイヤルまたは無料相談予約フォームから簡単に予約できます。

全国に対応しているか?

全都道府県に対応しています。

子どもを連れていっても大丈夫?

キッズスペースのある店舗が多数あります。
来店が難しい場合はご自宅での面談も可能です。

しつこく営業されたりしないか?

保険見直し本舗は全て直営店による展開。
スタッフの教育はしっかり行われており、もちろんしつこい勧誘などありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする