保険相談の準備、必要な書類とチェックシート。

無料・有料にかかわらず、保険相談の前には準備していただきたい書類などがあります。

    保険相談の事前準備チェックシート

  • 保険証券(すでに保険に入っている場合)
  • 健康診断書
  • 印鑑(シャチハタは不可)
  • 運転免許証、健康保険証
  • 保険料(1回目)
  • A4サイズの書類を持ち帰るカバンなど

チェックシートにまとめて、それぞれ順を追って紹介します。

スポンサード・リンク
保険証券
加入中の保険があれば、保険証券や保障内容のお知らせ、更新の提案書などできるだけ用意してくれていると助かります。

何もないよりは控除証明書の控えでも加入している保険のヒントになります。

保険証券は保障の詳細が記載されていなかったり、減額や特約を付加した場合は保険証券に記載の内容と、現在の保障内容が違う場合があります。

ですので、できるだけ保障内容のお知らせや、加入時に提案された提案書などがあるとより正確な分析が可能です。

FPのチカラ
健康診断書
もし健康診断を受けていて、結果票があれば用意して頂きたいところです。

健康診断結果を見れば、保険に加入できるかどうか、保険料の割引ができるかどうか、目安を確認することができます。

印鑑
その場で契約も考えているのであれば、シャチハタではない印鑑の用意が必要です。

アフラックなど印鑑不要の保険会社もありますが、念のため準備しておきましょう。

保険料を口座振替にする場合は、口座のお届け印が必要です。

運転免許証、健康保険証
個人年金や学資保険など、一部の保険加入には契約者の本人確認書類が必要になります。
保険料
保険の成立には、1回目の保険料が保険会社に着金することが必要です。

最近ではクレジットカードの契約や口座振替でも初回から口座引き落としが可能になっていますが、保険屋さんに1回目の保険料を支払うことで成立となる場合もあります。

A4サイズの書類を持ち帰るカバンなど
保険相談をすると、何らかの書類を渡される可能性が高いです。

A4サイズの書類を持ち帰れる準備をしておきたいですね。

スポンサーリンク
ランキング1位
みんなの保険アドバイザー

保険相談サイト立ち上げから10年の老舗サービス。
蓄積されたノウハウと実績は業界トップクラス。

登録FPも多く、担当FPが決まるまでの時間が短いのが特徴。

一部地域(現在は関東地区、関西地区)ではFPを指名することも可能です。
みんなの生命保険アドバイザー評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

無理な勧誘など会った場合、電話一本で無料面談の中止や 担当者の変更などを行うことができる「ストップコール」が導入されています。

みんなの生命保険アドバイザー

ランキング2位
保険の選択

最大のメリットは、面談日時と場所を直接FPと相談して決定すること。

時間と場所を自由に設定できるのはもちろんですが、電話で話しができることで、面談前に色々と伝えることもできるのです。

例えば、
死亡保障は〇〇生命で数年前に加入したものがある、これより良いものがあれば変更したいし、なければそのままにしたい。
など、事前に伝えることができれば、初回の面談で充実した内容の相談をすることが可能ですし、時間の節約にもなりますね。
保険の選択 評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

「お客様満足度ランキング制」を導入。お客様の声により、評判の悪いFPは強制退会させられます。

保険の選択

ランキング3位
FPのチカラ

多くの無料保険相談サイトが、相談するFPを選ぶことができないのに対して、FPのチカラだけは写真・プロフィール・保有資格・相談件数・口コミなどを閲覧し、自分自身でFPを選ぶことができます。
FPのチカラ 評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

登録するFPには、しつこい営業行為が行われないようにしています。
また、万が一そのような行為があった場合、カスタマーサービスに連絡すれば運営サイトからFPに注意が入ります。

FPのチカラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする