保険相談サービスの違いと選び方

先日、大型ショッピングセンターに買い物に行ったときに、「保険相談の窓口」なるものを見つけました。

じつは、結婚して子どももいる30代の男子ですが、生命保険のようなものに一切加入していません。
(自動車の保険には入っています・・・)

「生命保険って入らなくていいのか?」って、ずっと気にはなっていたんです。
でも、なかなか機会がなかったんです。

そこで質問なのですが、

  • 保険相談って一体、どんなことをするんですか?
  • すすめられる生命保険に入って終わりなのでしょうか?
  • タケ
    オッ!またきましたね質問!
    ホケン先輩
    ご質問、ありがとうございます。

    保険相談って何なの?っていう疑問にお答えしていこうと思います。

    スポンサード・リンク

    保険相談の方法は二種類「訪問型」と「店舗型」

    タケ
    まず、質問者さんがおっしゃっているのは「店舗型」の保険相談ですね。

    ホケン先輩
    はい、そうですね。
    最近は、商業施設に保険相談の窓口が増えて、利用しやすくなりましたね。

    タケ
    いままでは、保険相談って身構えた感じだったけど、
    おかげでイメージしやすい人が増えたでしょうね。

    ホケン先輩
    そうなってくるとFPとして嬉しいです。

    保険相談の方法は二種類あります。
    質問者さんがご覧になった「店舗型」、ほかに自宅や近所のカフェなどでFPと面談する「訪問型」です。

    あと、例外的に「通販型」というネットで申し込む生命保険があります。ただ、これは生命保険の仕組みをよく知る人以外は利用しないでしょう。
    保険の相談をすることができませんからね・・・。

    店舗型 訪問型 通販型
    お手軽度
    プライバシー
    断りやすさ
    保険種類の豊富さ ×
    保険に関する知識 ×
    アフターフォロー ×

    「店舗型」「訪問型」「通販型」3つの保険相談のメリットを、保険相談は店舗型?訪問型?メリットとデメリットを比較で紹介しています。あわせてご覧ください。

    直接、FPに会って保険のわからないことを相談できるという点では、「訪問型」と「店舗型」に限られると思います。

    両者の違いは、プライバシーやアフターフォローなど、一長一短があります。
    ただ、どちらの場合でも大事なことは、相性が良く・優秀なFPに出会うことが理想だと考えます。

    FPのチカラ

    保険相談のポイント二つ「保険新規加入の相談」「すでに加入している保険の確認」

    タケ
    「保険相談て、勧められた生命保険に入って終わりですか?」という問いには、どうお答えすればいいですか?
    ホケン先輩
    保険相談のポイントとしては2つあります。

  • 保険新規加入の相談
  • すでに加入している保険の確認
  • 勧められた保険に入って「はい終わり」では、保険相談とはいえません。

    保険新規加入の相談

    まず、「保険新規加入の相談」については、「まだ保険に入っていない人」が対象となります。

    これは医療保険はどこがいいか?死亡保険はどんなタイプがいいか?はもちろんですが、保険そのものが必要かどうかが最初の入り口です。

    ご質問者さまは、30代前半のパパさんですね。

    たとえば医療保険のお話ですが、「30代の健康な方でしたら医療保険はオリックス生命がオススメです!」

    これではちょっと乱暴すぎます。

    まずは「病気やケガで入院や高額な医療費がかかったら困りますか?」というのがポイントです。

    「高額な医療費は困りますが、いざという時の貯金が1億円あります。」ということでしたら、もう医療保険に入る必要はないので、医療保険の話は終わりですよね。
    【参考】がん保険が支払われるタイミングは?シンママの生活はどうなるの?


    どの保険会社の商品が良い悪いではありません。

    ですが、現状そのような方が保険相談にくることはなく、「ほとんどの方が保険は必要だと思うけど、どのくらいの保障が必要かわからない。」ということだと思います。

  • がんになったらどのくらい治療費がかかるのか?
  • 自分が死んだときはどのくらいの保険金を残してあげればいいのか?
  • このあたりのことをFPに相談し、支払い保険料を考えながら商品を選んでいくことになります。

    すでに加入している保険の確認

    すでに、何らかの生命保険に入っている人にとっては加入中の保険がどんな内容で、いつまで続くのか?保険料はかわらないか?

    など、保険の分析をしてもらいましょう。

    場合によっては「加入保険を見直す」ことで節約をすることができます。

    家計の節約に直結する、保険見直しの実例」で紹介しましたが、毎月14,000円節約することは難しくありません

    というより、無駄な保険に入りっぱなしになっている人が多いんです。
    最初の例じゃないけど、保険屋さんの言いなりに入っています。これ、オイシイのは担当してた保険屋さんだけです。

    保険相談で訊かれること

    タケ
    保険自体が分からないと、いざFPに会ったときドキドキしますよね。

    ホケン先輩
    そうなんでしょうね。
    FPはプロだから、扱っている保険商品のことを知っていて当然なんですけどね。

    タケ
    まぁ、そうなんでしょうけれど、
    「こんなこと知らないの?」って思われる、恐怖みたいなものがあると思います。

    ホケン先輩
    大丈夫ですよ。難しい言葉を使わずに丁寧に教えてくれるはずです。
    専門家ぶりをアピールして、お客様に嫌がられては意味がありませんから。

    ざっと、まとめておきますが詳しくは「保険相談で質問されること、それってなんのため?」を御覧ください。

    • 病歴・健康診断の結果
    • 家族構成
    • 持ち家か・賃貸か
    • ご両親は健在か
    • お勤め先
    • 身長・体重
    • 趣味
    • 年収
    • 副収入の有無
    $B%$%s%:%&%'%V(B $B3X;qJ]81(B

    保険相談のポイントはFPとの出会い

    保険相談で一番大事なことは、優秀で相性の合うFPに早く出会うことでしょう。

    自分と家族の将来を相談する人が「誰でもいい」わけありませんね。

    将来を託す就職活動は、業界研究をしたり、面接に行ったりして、慎重に選んだはずです。
    将来のパートナーである奥さんや旦那さんを選ぶときにも、簡単に選んでませんよね。

    まずFPに相談してみる → ダメだったらFPを代える → また相談してみる

    あなたの将来を託すFP探しは、腰を据えて取り組むべきことだと考えます。


    優秀なFP がそろっていて、そのうえ写真を見て指名できるところが一社だけあります。

    FPを逆指名できる保険相談「FPのチカラ」

    会うまえに相談するFPのことが分かるって、すごく安心できると思いませんか?
    逆に、どんな人が保険相談してくれるのか分からないと不安ですよね・・・。

    FPのチカラ

    • お客様が相談したいFPを指名できる
    • もちろん無料
    • 相談するFPを顔写真で確認

    ネットで顔写真を見ればなんとなく、どんな感じの人かわかりますよね。

    詳しくは「無料保険相談の仕組みを解説。」をご覧ください。

    まとめ

    保険相談に決まった形式はありません。

    保険に関することでしたら、どんなことを聞いてもかまいません。

    あくまでも主導権はお客様にあります。

    いっそのこと「自分たちの保険を任せられるFPかどうか面接してやる。」くらいの気持ちで保険相談してもいいと思いますよ!

    気に入らないFPだと思ったら、「急用を思い出した」と言ってすぐに帰ってしまいましょう!

    スポンサーリンク

    ランキング1位
    みんなの保険アドバイザー

     
    保険相談サイト立ち上げから10年の老舗サービス。
    蓄積されたノウハウと実績は業界トップクラス。
    登録FPも多く、担当FPが決まるまでの時間が短いのが特徴。
    一部地域(現在は関東地区、関西地区)ではFPを指名することも可能です。

    いつから運営されているサイトか?

    2005年

    面談日時は指定できるか?

    申込み完了後、運営サイトからのヒヤリングで第3希望まで指定できます。

    全国に対応しているか?

    全国の保険相談に対応しています。

    しつこく営業されたりしないか?

    無理な勧誘など会った場合、電話一本で無料面談の中止や 担当者の変更などを行うことができる「ストップコール」が導入されています。

    生命保険 相談

    ランキング2位
    保険の選択

    大手の保険無料相談サイトと比較すると、規模も小さく、登録FPも少ないです。
    ですが、細かい希望を伝えることができ、基本的に全て対応可能となっています。

    例えば、アクサ生命の取扱いがあるFP、女性FPなら自宅面談可能、〇月〇日午後に新宿駅付近で面談可能なFPなどなど。

    最大のメリットは、面談日時と場所を直接FPと相談して決定すること。
    これ、実はかなり大きなポイントだと思います。

    時間と場所を自由に設定できるのはもちろんですが、電話で話しができることで、面談前に色々と伝えることもできるのです。

    例えば、女性特約、三大疾病の一時金がある医療保険を65歳くらいで払い終えるプランで、保険料は月7,000円以下で検討している。
    死亡保障は〇〇生命で数年前に加入したものがある、これより良いものがあれば変更したいし、なければそのままにしたい。
    など、事前に伝えることができれば、FPもある程度の準備ができますよね。

    それだけ初回の面談で充実した内容の相談をすることが可能ですし、時間の節約にもなりますね。

    いつから運営されているサイトか?

    2010年

    面談日時は指定できるか?

    担当FPと直接、日程の調整をします。

    全国に対応しているか?

    全国の保険相談に対応しています。

    しつこく営業されたりしないか?

    「お客様満足度ランキング制」を導入。お客様の声により、評判の悪いFPは強制退会させられます。

    保険の選択

    ランキング3位
    保険見直し本舗

    来店型ショップとして有名な「保険見直し本舗」
    実は訪問保険見直し相談もやっているんです!

    亀梨和也さんのCMでもおなじみの保険見直し本舗は契約実績100万円以上。
    最大のポイントは取扱い保険会社40社以上と他を圧倒する数。
    保険の加入目的をしっかり伝えればあなたにぴったりの保険がみつかること間違いなし!

    予約は簡単か?

    フリーダイヤルまたは無料相談予約フォームから簡単に予約できます。

    全国に対応しているか?

    全都道府県に対応しています。

    子どもを連れていっても大丈夫?

    キッズスペースのある店舗が多数あります。
    来店が難しい場合はご自宅での面談も可能です。

    しつこく営業されたりしないか?

    保険見直し本舗は全て直営店による展開。
    スタッフの教育はしっかり行われており、もちろんしつこい勧誘などありません。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする