マイホームを購入したら保険料を下げる!団体信用生命保険と収入保障保険との比較。

団体信用生命保険(以下、団信)とは、住宅ローンを組んだ人が、亡くなったり、高度障害状態になった場合、住宅ローン残高相当の保険金が、金融機関に支払われる仕組みです。

住宅ローンを借りた人が亡くなったりした場合、住宅ローンが一括返済される大変ありがたい保険ですね。

最近では死亡、高度障害状態だけではなく、3大疾病でも支払い条件となる団信や9大疾病が対象となる団信もあるそうですよ!

9大疾病?

がん、急性心筋梗塞、脳卒中、肝硬変・・・。

あとはなんだろう??

がん・急性心筋梗塞・脳卒中・高血圧症・慢性腎不全・慢性膵炎・肝硬変・糖尿病・ウイルス肝炎が9大疾病だそうです。

この団信加入を住宅ローン借り入れの条件としているところと、任意のところがありますが、だいたいの方は団信に入っているのではないでしょうか。

住宅金融支援機構の「フラット35」という住宅ローンは、
団信の加入は任意だから「入っても入らなくてもいいですよ~」というスタンス。

ただ、銀行系の住宅ローンは団信の加入を義務付けているみたいですね。

スポンサード・リンク

団信に加入したら、保険を見直す

3,000万円の住宅ローンを組んで団信に加入した場合、3,000万円の死亡保険に加入したようなものですよね?

亡くなったら残りの住宅ローン3,000万円を支払ってくれるのですから。

なので当然、生命保険の見直しは必要です。

激しく同意。
万が一を想定して過度な保険をかけてもしょうがないよ。

今まで掛けていた死亡保険金には、残されたご家族の住宅費も含まれていたと思います。

そこから住宅費用については、団信で用意できたことになるので、死亡保険金を下げることができます。

ただし、マンションなどの場合は管理費など、戸建ての場合でも修繕費などが掛かるので、住宅費が全く必要ないわけではありません。

でも、賃貸を借りるより全然安くすみますね。
FPのチカラ

団信よりもお得に住宅ローン分をカバーする保険

団信の代わりに生命保険を活用することで、団信よりも安い保険料で保障を準備することも可能です。

オッ
面白くなってきましたね!

まず団信が住宅ローン借り入れの条件となっている金融機関では、諦めるしかありません。
しかし、フラット35のように団信が任意加入の場合には、生命保険が団信に変わって住宅ローンをカバーすることができます。

保険金額が毎月減少していく「収入保障保険」を活用します。

「収入保障保険」とは、
収入を保証してくれる保険なのかな?

そうですね、詳しくはムダのない合理的な保険!収入保障保険とは。も、あわせてご覧ください。

団信の代わりに収入保障保険

団信と収入保障保険の保険料を比較してみましょう。

団体信用保険

返済方法 元利均等
返済期間 30年
借入金額 3,600万円
借入金利 1.5%
保険料総額 2,119,800円
月平均換算 5,888円

上記の住宅ローンの返済額は月々10万円です。

同じように毎月10万円が保険金として受け取れる収入保障保険を見てみましょう。

収入保障保険

加入時年齢 35歳
保険期間 30年
保険金月額 10万円
保険金受取総額 3,600万円~
保険料総額 1,458,000円
保険料(月払い) 4,080円

比較してみると、収入保障保険のほうが保険料が安く済みますね。

保険料の月々1,800円の違いって、
総額にすると70万円近くも差がでるんですね。
けっこう大きな差になりますね。
正直驚きました。
チリツモってこういうことなんだな・・。

収入保障保険のメリットとデメリット

団信の代わりに収入保障保険を活用した場合のメリット、デメリットをまとめてみました。

    収入保障保険のメリット

  • 若ければ若いほど保険料は安くなる。
  • タバコを吸わない、健康状態が良い場合は、保険料がさらに安くなる。
  • 保険料が毎月一定である。(団信の場合、上記の例で1年目の保険料は年128,800円、30年目は年2,900円)
  • 保険料控除が受けられる。
    収入保障保険のデメリット

  • 年齢によっては団信よりも高くなる。
  • 健康状態の診査は団信よりも厳しい。

まずは団信に加入する前に、収入保障保険との比較をしたほうがお得ですね。

銀行系住宅ローンなど「強制加入の団信」であれば、それまで入っていた保険を見直して保障と保険料を下げることがオススメです。

マイホーム購入は生命保険の見直しのチャンスですよ。
スポンサーリンク

ランキング1位
みんなの保険アドバイザー

保険相談サイト立ち上げから10年の老舗サービス。
蓄積されたノウハウと実績は業界トップクラス。

登録FPも多く、担当FPが決まるまでの時間が短いのが特徴。

一部地域(現在は関東地区、関西地区)ではFPを指名することも可能です。
みんなの生命保険アドバイザー評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

無理な勧誘など会った場合、電話一本で無料面談の中止や 担当者の変更などを行うことができる「ストップコール」が導入されています。

みんなの生命保険アドバイザー

ランキング2位
保険の選択

最大のメリットは、面談日時と場所を直接FPと相談して決定すること。

時間と場所を自由に設定できるのはもちろんですが、電話で話しができることで、面談前に色々と伝えることもできるのです。

例えば、
死亡保障は〇〇生命で数年前に加入したものがある、これより良いものがあれば変更したいし、なければそのままにしたい。
など、事前に伝えることができれば、初回の面談で充実した内容の相談をすることが可能ですし、時間の節約にもなりますね。
保険の選択 評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

「お客様満足度ランキング制」を導入。お客様の声により、評判の悪いFPは強制退会させられます。

保険の選択

ランキング3位
FPのチカラ

多くの無料保険相談サイトが、相談するFPを選ぶことができないのに対して、FPのチカラだけは写真・プロフィール・保有資格・相談件数・口コミなどを閲覧し、自分自身でFPを選ぶことができます。
FPのチカラ 評判と口コミ

しつこく営業されたりしないか?

登録するFPには、しつこい営業行為が行われないようにしています。
また、万が一そのような行為があった場合、カスタマーサービスに連絡すれば運営サイトからFPに注意が入ります。

FPのチカラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする