食費、光熱費、教育費、もっとも節約効果の高いものはナニ?

助けてください!

近所に住む友人が、私の家にウンチをしに来るんです。

友人は「トイレ貸して」って、直球で来るわけではないんです。
でも毎晩のように一人暮らしの私のアパートにやってきて、一緒にゲームをします。

それで、10分もしないうちに「トイレ貸してね」といってトイレへ・・・。

その後「じゃあ、オレ帰るわ」って・・・。

お前、トイレが目的だろ!って言いたくなります。

こんな困った友人には、どう対処すればいいですか?

これ、なんか質問するところを間違えてんじゃないのかな?
とりあえずホケン先輩!お願いします。
いや、困りますって、こんな質問。
スポンサード・リンク

公園のトイレに駆け込む人も

でも、似たような話を聞いたことありますよ。
水道代がもったいないから、近所の公園に用を足しに行く人がいるらしいです。
徹底して節約するんですね。
雨樋の下に設置する貯水タンクとかも売ってますよね。
庭の水撒きに使うと、かなり節約になるらしいです。

貯水タンク

節約生活って、ブームみたいですね。
電気代を節約するために、
電気料金の契約アンペアを下げてるお宅にお邪魔したことあります。
アイロンと電子レンジを同時に使ったら、
ブレーカーが落ちてしまうんじゃないかと、余計な心配をしちゃいますよね。
それで、その家庭はどれくらい節約できるんですか?
たしか、一ヶ月で300円くらいって言ってましたね。
ぜんぜん興味わかなかったんで、ちゃんと聞いてませんが・・・。
それなら、保険の見直しをして保険料を安くしたほうが効果があると思います。
FPのチカラ

保険を見なおせばこんなに節約できる

最近の保険相談の実例をみてみましょう。

  • 相談者:Sさん 40歳 女性
  • ご家族:ご主人38歳・長女7歳・次女3歳
  • 年収:ご主人 480万円 Sさん 100万円 世帯年収580万円
  • 貯蓄:20万円以下
  • 住居:持ち家(5年前にマンションを30年ローンで購入)
  • 保険料:
  • ご主人 月23,411円(第一生命・アフラック)
    Sさん 20,000円(明治安田生命)
    他学資保険 月18,236円(ソニー生命)
    保険料合計 月61,647円

    相談内容:毎月の生活費で貯蓄がほとんどできない状況。保障が少なくなってもよいので、最低限の保障を残し、保険料をとにかく下げたい。
    できれば月々40,000円以下の保険料としたい。

    《ご主人の保険》 ⇒ 継続

    ご主人は会社の健康診断で「脂質」について異常の指摘あり。

    また「睡眠時無呼吸症候群」で治療を受けているため、現在保険の見直しはできません
    (新しく保険に入ることができない)

    今後の不安もあるため、現在の、第一生命(死亡・医療)とアフラック(がん保険)は減額せず継続をオススメしました。

    《学資保険》 ⇒ 継続

    お子さまが中学生、高校生になれば食費が増えるのはもちろん、学習塾や交際費等もかかってきます。

    外食費や旅行にしても大人料金になりますしね・・・

    ご主人の年収は増えることが予想されますが、増えた分がそのままお子さまの生活費や教育費に費やされることが考えられます。

    今回の減額や解約は見送り、できる限り続けることになりました。

    《Sさんの保険》 ⇒ 見直し

    健康状態に問題もなく、保険を切り替えることで保険料を下げることは十分可能です。

    更新型の保険であったため、減額ではなく、解約⇒新規加入とし、保険料が一生涯上がらないプランで作成しました。

    この保険相談、ご主人の保険がいじれないのが痛いですね、
    あと学資保険も継続するとなると、Sさんの保険だけで見直さなくてはいけない・・・。
    そうですね、
    その時の保険料総額が月に62,000円弱かかっているのを
    なんとか40,000円以下にというのが当初の希望でした。
    そりゃ、ムチャだよね。
    いえ、そうでもないんです。
    結局、ご希望されていた4万円以下には届きませんでしたが、
    なんとか4万円台まで下げることができました。
    あ~
    もう、バサッと切っちゃったんですね!
    背に腹は代えられないと・・・。
    そんなこともないです。
    ご夫婦でよく話し合って、
    残すものと、残さないものを選別されたので
    とっても納得されていました。
    へ~。
    あと、Sさんの入っていた保険に無駄が多かったのが節約の大きな要因になったかもしれません。
    どうやって、節約したのか?
    実例は、次回「家計の節約に直結する、保険見直しの実例」に続きます。
    スポンサーリンク

    ランキング1位
    みんなの保険アドバイザー

    保険相談サイト立ち上げから10年の老舗サービス。
    蓄積されたノウハウと実績は業界トップクラス。

    登録FPも多く、担当FPが決まるまでの時間が短いのが特徴。

    一部地域(現在は関東地区、関西地区)ではFPを指名することも可能です。
    みんなの生命保険アドバイザー評判と口コミ

    しつこく営業されたりしないか?

    無理な勧誘など会った場合、電話一本で無料面談の中止や 担当者の変更などを行うことができる「ストップコール」が導入されています。

    みんなの生命保険アドバイザー

    ランキング2位
    保険の選択

    最大のメリットは、面談日時と場所を直接FPと相談して決定すること。

    時間と場所を自由に設定できるのはもちろんですが、電話で話しができることで、面談前に色々と伝えることもできるのです。

    例えば、
    死亡保障は〇〇生命で数年前に加入したものがある、これより良いものがあれば変更したいし、なければそのままにしたい。
    など、事前に伝えることができれば、初回の面談で充実した内容の相談をすることが可能ですし、時間の節約にもなりますね。
    保険の選択 評判と口コミ

    しつこく営業されたりしないか?

    「お客様満足度ランキング制」を導入。お客様の声により、評判の悪いFPは強制退会させられます。

    保険の選択

    ランキング3位
    FPのチカラ

    多くの無料保険相談サイトが、相談するFPを選ぶことができないのに対して、FPのチカラだけは写真・プロフィール・保有資格・相談件数・口コミなどを閲覧し、自分自身でFPを選ぶことができます。
    FPのチカラ 評判と口コミ

    しつこく営業されたりしないか?

    登録するFPには、しつこい営業行為が行われないようにしています。
    また、万が一そのような行為があった場合、カスタマーサービスに連絡すれば運営サイトからFPに注意が入ります。

    FPのチカラ

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする