オリックス生命の節税保険は発売延期というか発売中止か!?

節税保険、朝日新聞の記事

タケ
日本生命のプラチナフェニックス
新聞でも取り上げられてますよ

「節税保険」再ブーム過熱
日生の「発明」国税庁は想定外

「保険料を経費として計上できます。課税されず、必要なときに解約すればお金が戻ってきます」。

埼玉の経営者男性(39)の元には、決算月の1~2カ月前になるとそんな保険商品の売り込みが頻繁に来る。

その商品は法人定期保険。

主に中小企業の経営者が入る死亡保険だ。

保険料は年間数百万円と高額で、経営者が死亡すれば数億円の保険金が支払われる。

毎年の保険料は全額経費扱いになって節税になり、途中解約すると支払い済みの保険料の多くが「返戻金」として戻ってくる。

戻ったタイミングで役員退職金や設備投資資金に使えば、返戻金にも課税されない形になる。

男性は「保険というより、節税的なテクニックだ」という。

同様の商品は以前からあり、販売現場では「節税」がPRされてきた。

ただ、中途解約が前提のような商品は保険の趣旨を逸脱しているとも指摘され、国税庁が保険料の経費算入割合を制限するなどしたため、販売は落ち着いていた。

それが昨春から「節税保険」の再ブームが起きた。

きっかけは、生命保険最大手の日本生命保険が昨年4月に発売した死亡定期保険「プラチナフェニックス」だ。

保険料が全額経費に計上できる点が注目され、異例のヒットになった。

既存の死亡定期保険では、保険期間後期の死亡保障額を増やすタイプがあった。

保険料は全期間で平準化するため、死亡保障額が少ない前期も保険料が高めだ。

加入後に高めの保険料支払いで節税し、しばらくして中途解約すれば、支払い済みの保険料の多くが返戻金として得られる。

ただ後期に死亡保障額を多くする仕組みの保険は、国税庁の通達で保険料の全額経費算入ができなくなった。

一方、日生の新商品は保険期間を通じて死亡保障額が変わらない。

ただ保険期間の前期は「保障範囲」が狭く、後期は広い。保険料は平準化され、前期の保険料が高めだ。

このタイプなら国税庁の通達に触れず、保険料を全額経費算入でき、節税メリットが得られる。

同庁は「想定していなかった事態だ」(幹部)という。

日生は「事業承継や保障ニーズに応えた商品」(広報)と税制メリット目的の商品であることを否定する。

だが業界では「近年まれにみる発明だ」(大手生保幹部)との声も上がる。

こうした保険は「プラチナ・タイプ」と呼ばれ、各社が追随した。

市場規模は数千億円以上に膨らんだとされ、保険代理店の税理士は「生保最大手の主導で節税保険の再ブームが来た」。

利益の半分を保険料に充てる企業もあり、この税理士は「さすがに入りすぎでは」と驚いたという。

日生は新商品の販売直前、国税当局には税務上の取り扱いについて確認した、とする説明資料を代理店に示した。

別の生保幹部は「国税当局がお墨付きを与えたかのように、説明資料に明示するのは聞いたことがない」と驚く。

国税庁は朝日新聞の取材に対し、「特定の商品自体の税の取り扱いに確約を与えることはしない」という。

日生は「本当に全額経費扱いになるか代理店から問い合わせが多かったため」(広報)と説明し、すでに資料から文言を削除している。

その後、極端に返戻金が多くなる商品の開発合戦が続き、保険業界を監督する金融庁も座視できなくなった。

今年6月以降、各社に販売実態を問うアンケートを実施。商品設計に問題がないかを繰り返し問いただすケースもあるという。

景気が堅調ななか、こうした保険の販売は中小企業向けに今なお好調だという。「ブーム」はいつまで続くのか。

ある代理店関係者は「当局が規制するのではという観測から、駆け込み需要が発生するのではないか」と予測する。

<2018年11月14日 朝日新聞>

スポンサーリンク
タケ
例の節税保険、まだまだブームなんですね。
ホケン先輩
「日本生命のプラチナフェニックスが勝手すぎてヤバイ件について!」でも触れていますが、利益が出ている法人にとってはとてもありがたい商品です。
タケ
各社プラチナ系商品をどんどん発売しているみたいですね。
ホケン先輩
オリックス生命からも、競争力のあるプラチナ系商品が11月2日に発売される予定でしたが・・・。
発売延期となりました。
タケ
オリックス生命といえばホケン先輩も一押しの保険会社ですよね!
ホケン先輩
そうなんです。
プラチナ系商品の後出しということで、かなりの返戻率と高い代理店手数料をひっさげて登場するようでしたが、発売延期となってしまいました。
タケ
なぜ発売延期に?
まさか日本生命の圧力か・・・。
スポンサーリンク

節税保険、発売延期の理由

まず、発売できなかったのではなく、オリックス生命が自主的に延期したとのことです。

その理由は金融庁への調査対応だそうですが、金融庁は何を調査しているのか。

簡単にいえば、「プラチナ系商品は保険を使った節税商品じゃん!保険の趣旨を逸脱してるでしょ!調査して説明して!」と言ってるわけです。

付加保険料が高いことを特に問題視しているようですが、ここではその説明は省きます。

で、結局のところオリックス生命は堂々と説明できる仕組みの商品ではなかったのではないか。

だから発売延期として、我々代理店には現在商品設計を見直していると説明しているんです。

でもきっともう世に出てくることはないと思います。

高い返戻率と高い代理店手数料だから魅力の商品だったのですが、それを見直して金融庁に堂々と説明できるくらいにスペックを落とすと誰も販売しないからです。

ということで、発売延期というか発売中止なんだろうなと思うわけであります。

このところオリックス生命にあまり良くない変化が起きている気がします・・・。

タケ
え?何が起きてるんですか!?
ホケン先輩
では個人的に思うことを次回チラッと。
スポンサーリンク
ランキング1位
保険見直しラボ
 
TVCMでもおなじみの保険見直しラボ。

ベテランFPが多いのが最大の特徴。
その保険業界歴平均はなんと11.8年以上!

お客様から信頼されないFPはどんどん消えていく保険業界で、10年以上の経験は何よりも優積者の証といえます。
※優績者とは?・・・優秀な成績をコンスタントに納める保険営業のこと。

面談日時は指定できるか?

申込時に第2希望まで指定可能です。

対応エリアは?

北海道から沖縄県まで全国約60拠点は訪問型代理店では国内最大級の規模。
ほぼ全てのエリアで対応可能です。

しつこく営業されたりしないか?

過度な営業行為や失礼な対応があった場合は、無料面談の中止や 担当者の変更などを行うことができる「イエローカード制度」が導入されています。

保険相談で何かもらえる?

期間限定!保険相談+面談後アンケート回答で「北海道産ゆめぴりか」「雪室熟成豚」「ダロワイヨのマカロン」「宮城県仙台名物 熟成牛タン」などから選べる特典プレゼント!

ランキング2位
みんなの生命保険アドバイザー

保険相談サイト立ち上げから10年の老舗サービス。
蓄積されたノウハウと実績は業界トップクラス。
登録FPも多く、担当FPが決まるまでの時間が短いのが特徴。
一部地域(現在は関東地区、関西地区)ではFPを指名することも可能です。

面談日時は指定できるか?

申込み完了後、運営サイトからのヒヤリングで第3希望まで指定できます。

全国に対応しているか?

全国の保険相談に対応しています。

しつこく営業されたりしないか?

無理な勧誘など会った場合、電話一本で無料面談の中止や 担当者の変更などを行うことができる「ストップコール」が導入されています。

保険相談で何かもらえる?

期間限定!保険相談+面談後アンケート回答で「A5ランク 厳選黒毛和牛」プレゼント!

生命保険 相談

ランキング3位
保険見直し本舗

来店型ショップとして有名な「保険見直し本舗」
実は訪問保険見直し相談もやっているんです!

亀梨和也さんのCMでもおなじみの保険見直し本舗は契約実績100万件以上。
最大のポイントは取扱い保険会社40社以上と他を圧倒する数。
保険の加入目的をしっかり伝えればあなたにぴったりの保険がみつかること間違いなし!

予約は簡単か?

フリーダイヤルまたは無料相談予約フォームから簡単に予約できます。

全国に対応しているか?

全都道府県に対応しています。

子どもを連れていっても大丈夫?

キッズスペースのある店舗が多数あります。
来店が難しい場合はご自宅での面談も可能です。

しつこく営業されたりしないか?

保険見直し本舗は全て直営店による展開。
スタッフの教育はしっかり行われており、もちろんしつこい勧誘などありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする